運命の欠片

出会った時にはすでに遅かったのかもしれない。それでも運命の人と恋してしまうお話です この恋の結末はどうなっていくんだろうか・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

97話 「いけない事」

次の日、俺はえみに謝った・・・





「えみ・・・ごめんね」









「え?コータなんか謝る事でもしたの。忘れちゃったよ
あたしは(笑)」






えみは、何事もなかったように振舞った。
俺は凄い小さなことで、考え込んでたのかもしれないって
思ってしまうけど、そればっかりは性格なんだろうか。









俺は、中抜けを利用して昼ご飯でも誘ってみようと



「な、なぁ・・・今日の昼とか久々にご飯でもいかない?」













するとえみは・・・









「ごめん。今日旦那が休みでさ、帰らなきゃいけないの・・・
ホントは行きたいけど、ごめんね。」










えみは申し訳なさそうな顔をしていたけど、
前はホントにどうしようか悩んだりして、答えを出すのに
時間が掛かったり、じゃあいつなら平気?とか



今後に繋がるような、断りだったけど・・・・





返事は即答で、悩む素振りもなく淋しい感じがしたんだ。











旦那が一番の優先というか、それは仕方なかった訳で
今でもえみにとって一番は旦那なんだろうって思ったんだ。









答えは聞いてないけど、答えは決まってるんだ・・・
俺は心で呟いてしまった。








それから、少し誘うのに躊躇してしまって、

2週間ほど経った時の事。













俺と桑田君と雄二さんの3人で飲みにいった。




ふもとの町まで飲みに行って、
ありきたりな会社の愚痴など話して帰る頃になり

雄二さんは終電でバイバイキ~ンだって。
俺は車だったから飲んでなかったけど・・・






一緒に帰るはずの




桑田君が酔い過ぎ・・・・


こいつ、マジ酒癖わりー(涙)

物壊しそうになるし、なだめながらやっと車に乗せて
寮に急いで帰ることにした。








桑田君は、冗談交じりに「吐いちゃおうかなぁ」

とか言うしマジ勘弁↓↓↓





ようやく寮について、車から降ろすときだった。



「あれ?コータさん俺の携帯がないよ?」








「はぁ?マジでないの、お前帰る途中ドア開けただろ?
あの時落としたのかも。」









「え~~~マジっすかね~~?」







ルームライトつけて色々みたけど、見つからなくて。
彼は、酔っ払ってるせいもあって、まぁいいやって言いながら
トボトボ寮に帰っていった。



たしかに、あいつあの時意味もなくドア開けたしなぁ
あの時落としたのかな





まったくバカだよなぁ・・・






ドアを開けた交差点は、車で20分ぐらいだけど
往復じゃ40分かかっちゃう。









彼女とかが、困ってたら速攻いくんだけど
ヤローの後輩にそこまでする元気はねぇなぁ



行くか行かないか、迷って面倒くせ~~って思ってるとき

フッと、思いついた!!!



そうだ!!俺の携帯から掛けてみよう。












プルルルル!!プルルルル!!





すると、助手席のシートのしたあたり
かなり奥のほうだったけど、電子音がなった。






あ~~~あったよ!!なんだぁこんなところに・・・

ふ~~~よかったぁ












まぁ届けてやるぐらいはしてやらないと・・・


世話のやけるやつだ。










その時、俺の脳裏をよぎるものがあった。























桑田は、えみとどんなメールのやり取りをしてるんだろう・・・












メールしてるって聞いたことはある
大したメールなんかしてないと思うけども・・・

他人の携帯・・・ましてや人のメールなんて
みたらマズイよ・・・・





やっちゃいけないよなぁ・・・・












でも・・・・










確認してみたい・・・
こんなチャンス?もうないよ。










俺は、手の中にあるパンドラ携帯を















緊張しながら見つめていた。




応援ポチよろしくお願いします。



FC2ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ:婚外恋愛 - ジャンル:恋愛

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<98話 「見なければ・・・」 | ホーム | 96話 「懲りない悩み」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。