運命の欠片

出会った時にはすでに遅かったのかもしれない。それでも運命の人と恋してしまうお話です この恋の結末はどうなっていくんだろうか・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

25話 「彼女の気持ち」

「お邪魔しまぁす」















「え、えみ・・・・どうして?」












「だって、あたしもメニュー全然わかないんだもん
コータなんも言ってくれないし、話してくれないし・・・・」
















「う・・・・それは・・・。」









まさか、えみがくっ付いてくるとは思ってもいなくて
訴えてる間えみは、俺のお腹をずっとポコポコパンチしている。



















「うん・・・・まぁ一緒勉強しよう。入りなよ」









「そういえば彼氏は??」
 
       (受け入れられず今だに彼氏って言ってる俺)











「彼氏は居るよ、メニュー覚えるって言ったら、いいよって
言ってくれたから。」














「そっか・・・」














そんなこんなで、一瞬戸惑いもあったけど勉強会が始まった。









「みつちゃん(鰊)これなんて読む? 」




「あ、それは(ニシン)ですー」





「ほー。」




















「みつちゃん、田舎煮ってなんだ?」








「はぃ。それはだし汁とか使わないで煮るらしいですよ」








「あふん(;-;)難しい・・・・こ、これは道明寺蒸し・・・?」










「それは、もち米をつかって蒸したやつですよ!そういうのを
道明寺蒸しって言うんです。」








「そうなんですか>< はぃ・・・」










調理法をお客に聞かれた時、あたかも知ってるような
口調で、説明しなければいけなくて、普段から覚えればいいのに
なかなかやらず、追い込まれるわけで・・・・。












えみと2人で、関心しながら勉強した。みつちゃんてすごい(笑)
勉強も一段落して、用意していた酒を飲み始め、、
話題はやっぱり、えみの結婚話になった。









「いいなぁ~~あたしも、結婚したいぃ~!!
ねね、えみちゃんみたいに歳の差カップルもいいですよねぇ~~」










なんとなく引きつった笑い方をするえみ。

ミーハー入ってるみつちゃんは、まるで芸能記者のようだった。

















俺は、少し酒も入ったせいか
変な質問をぶつけてしまった・・・・・。
























「えみ!なんで結婚しちゃったんだよ!」





















「え・・・・?」





















「え・・・・うーーん、タイミング・・・・」
























「タイミングなのかよ・・・・」











俺はあまり納得できないというか・・・なんだかなぁ・・・・って気持ち。
タイミングでえみは結婚しちゃったのか・・・・
なんか悔しかった・・・えみともっと早く出会ってれば・・・







そんな思いがこみ上げてきた。















話を聞くと、ほんとに籍を入れただけで披露宴とかそういうのは
まだ未定というか、、、ないらしい。











今の彼氏と付き合って一年ちょっとで結婚・・・・
すれ違いっぽいのが、悔しかった。










えみにとっちゃ、もちろん好きだから結婚したんだろう
タイミングも、今しかないと思ったんだろう
でも・・・・でも俺の事は、今どう思ってるんだろう。













そんな事は、やっぱり聞ける勇気なんてなかった。







俺が、なんで結婚したんだって聞いた時
なんとなくえみが申し訳なさそうな顔したのは気のせいだったのかな
単なる思い込み?
























そして時は過ぎて・・・話もほどほどに2人は帰っていった。
この時俺も観念してか、えみとは、普通に話しをした
ずっと冷たい態度取るわけにもいかず、大人気ないとも思った。















翌日の、昼休憩が終わって夕方に出勤する時のことである。




















俺はとんでもない、場面に出くわす。













えみと、その彼氏(旦那)が丁度、買い物帰りで
俺は、2人にばったりと出くわしてしまった!!!  (ギョエェー)












彼氏は、「あ、こんにちは~~~~♪」






何も知らないで、ニッコリ挨拶をしてきた。







「は、はぅ。 こ、こんにちは・・・・」










秘密のデートしたり、俺の部屋の、あの出来事を考えたら
妙にビビってしまい、ぎこちない挨拶をしてしまったのである。













えみのほうをチラっと見ると、えみは、まったく俺と目を合わさず
真反対に顔を向いて、その場をやり過ごしていた。










なんで・・・?













えみも、やっぱり後ろめたい気持ちがあるんだろうか・・・・?
目を背け、その場を去っていった。



















あいつの・・・・



















えみの気持ちは、今どうなんだろう・・・・・













すべては、俺の思い込みなのかな・・・








続きが気になったら押してください><
コメント頂けたら励みになります☆



FC2ブログランキング



スポンサーサイト

テーマ:秘密の恋愛 - ジャンル:恋愛

未分類 | コメント:7 | トラックバック:0 |
<<26話 「手作り」 | ホーム | 24話 「素直になれなくて」>>

コメント

毎日楽しみによんでいます。

あしたもよろしく!
2006-12-26 Tue 00:10 | URL | end [ 編集 ]
今夜はどうなっちゃうんだろう?楽しみにしてます♪
頑張ってねp(#^∇°)q
2006-12-26 Tue 15:45 | URL | yuyu [ 編集 ]
ランキング12位に入ってますねi-189
おめでとうございます'(v_v*)
続き楽しみにまってますね
2006-12-26 Tue 16:31 | URL | ゆき [ 編集 ]
なぜ、ランキングテーマが不倫でエントリーされてるのか
解かりました。

続き、楽しみにしております。
2006-12-26 Tue 18:46 | URL | ベル [ 編集 ]
少し来ない間に急展開で
さまざまな状況が変わってきているようで。
うまくいくとおもったのに><
とても続きが気になります♪
楽しみにしていますねw
2006-12-26 Tue 20:57 | URL | あさひ [ 編集 ]
どういう展開になっていくのか気になります!(´ω`)
続き楽しみにしてます~~!
2006-12-26 Tue 21:02 | URL | なち [ 編集 ]
続き楽しみにしてます
また、遊びに来てくださいね♪
あたしもまた遊びに行きますね
2006-12-26 Tue 22:43 | URL | AS [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。