運命の欠片

出会った時にはすでに遅かったのかもしれない。それでも運命の人と恋してしまうお話です この恋の結末はどうなっていくんだろうか・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

33話 「引越し」

「引越ししちゃうのか?」













「うん・・・」










「彼の勤めてる所の、社宅がリフォーム出来たっていうから、
そっちに住むことになる・・・あたしは車通勤かな・・・」





















「そうなんだ・・・・」














なんだか遠くに行ってしまいそうな気がした・・・













カラオケ行ったことや、買い物とかに行く事出来なくなるのかな?
ちょっぴり寂しいけど、仕方ない・・・・




だけど、あとで大きな勘違いって気付く・・・












その日以来、えみは勤務以外や、休みの時は引越し準備に追われて
秘密のデートは当分お預けとなってしまった。














そして、えみは寮から出て行った。














彼の社宅は、俺の会社の寮から、車で25分ほど、
えみは引越しした日から車通勤となった。

















だけど、この車通勤が逆に彼女の行動を自由にさせたのだ。











いままでは、会社から寮まで送迎があって、みんな一斉に帰る
そして、えみの旦那がすでに帰宅している時は、
もぉ外に出られない・・・・













だけど、引越ししたことによって、えみだけ帰りが別行動・・・

すなわち、仕事が終わった後、時間が少し空いてれば
逢えるという事がわかった。



あまり遅くなると、旦那に疑われるが少しなら逢える












この引越しが、今後の俺達の関係に、大きな影響を、
与える事と、なった。



















この会社は、レストランの従業員が順番で
カラオケルームの担当もする











ちょっとしたカウンターもあってカクテルとかも作る
テーブルなどが7卓ぐらいあって

お客のリクエストなど入れたり、酒を提供したりする











と、いっても平日などは、お客が誰も来ないときもあるし、
ほとんどガラガラ (笑)




そんな時は1人、カラオケの練習とかしちゃったり・・・














ある日俺はカラオケ当番で、店番をしていた。











時間は22時ごろ・・・






「今日は、誰もお客来ないなぁ・・・早めにお店閉めて
カラオケの練習でもしちゃおっかな~~。」













その時タイミング悪く、扉の開く音がした!!







「あちゃ~>< お客さん来ちゃったよ・・・あ~~」














「はぃ!いらっしゃいませ~~~」













!!!!!
















「えみ・・・?」















ランキング参加してます応援よろしくです><



FC2ブログランキング

スポンサーサイト

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<34話 「詩に乗せて」 | ホーム | 32話 「ふわり」>>

コメント

いいねえ。

わたしも不倫ランキングから両想いランキングにのりかえたいよー!

うらやましい!

二つ掛け持ちして分散で7位?

一本にしぼったら1位?

がんばれ!!

続きを楽しみにしています!

2007-01-07 Sun 07:55 | URL | end [ 編集 ]
ワクワクなんですが・・・・でもなんだかちょっぴり切ない気持ちだなぁ・・・・。
2007-01-07 Sun 11:10 | URL | cesa [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。