運命の欠片

出会った時にはすでに遅かったのかもしれない。それでも運命の人と恋してしまうお話です この恋の結末はどうなっていくんだろうか・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

37話 「噂」

2人の気持ちを伝え合ってからも、いつもと変わらずに
一緒にいると楽しかった。















カラオケ当番のときも、こっそり来てくれて




「コータ頑張って^^」





みたいなちょっとした手紙を置いていったり、
ジュースの差し入れしてくれたり














そんなえみの気遣いが、俺は嬉しかった。




















ある日、フロントに女の子が入るって噂があって
その時も・・・・












「はぁ~~あ・・・フロントの子が入ったら
コータ仲良くしちゃうんだ・・・・」













「な、何言ってるんだよ。そんな仲良くなんて分からないよ
ならない!ならない!」
















「はぁ~ぁ・・・はぁ~~ぁ・・・」



ため息ばっかりつくえみ・・・




















えみはそんな事でもヤキモチを焼いてる。
















お前にだって、旦那いるだろ・・・・これだけは絶対言えなかった、
いや・・・・言っちゃいけないと思った。











俺は待つって言ったんだし、追い詰めることに
なると思ったから、それだけは言わないようにしていた。
















えみの嫉妬は、好きだよって裏返しの反応だと思うから、
それはそれで、嬉しかった。

















そして、また当番のとき・・・















えみはまた来てくれて、












その時は、お客がいて、えみはすぐにカウンターの裏に
入って、しばらく俺の仕事を眺めてた。













「コータがシャカシャカやってると、かっこいいね!!」










「え?あぁ・・・シェイクね?形だけだよ(笑)」












「照れるからあんま見るなよ・・・」












「えへへ♪あ、そうそう今日差し入れね。アップルジュース
しかなかった。」









「いつもありがと。えみちょっとこっちきて!」












カウンターの裏の奥に呼んで、えみの腰をぐっと引き寄せて
やさしくキスした・・・




















「んっ・・・・もぉ・・・」









恥ずかしがる姿がまた可愛かった。













えみはキスで抵抗することはない
あの夜ダメって言われたけど、今はもぉそんな事どうでも良かった。













「今日カラオケ歌えないのかぁ、んじゃ帰ろうかな
コータ・・・いつもちょっとしか居られなくてごめんね」











「いいよぉ来てくれるだけで嬉しいさ。帰り道気をつけてな」














えみが車通勤になってから、こんな密会みたいのは当たり前のように
なっていった。






徐々にだけど、育んでいければいいと思ってた。












「じゃ~まったね~バィバィ♪」











とびっきりの笑顔を見せてくれる
そんなえみが本当に愛しく思えた。


















そして・・・























俺はこのあと、とんでもない不安要素があることに
気が付かされる。

















カラオケを閉めて、フロントに向かった。
















ナイトフロントの人は、雄二さんと言って、
俺と地元が一緒で42歳の兄貴的な
存在の人。











「おつかれっす~~閉めました!あとよろしくお願いします。」













「オイッス!お疲れさ~~ん」









雄二さんはなかなか面白い人でユーモアもある
俺はここで、一服するのが定番で、色んな相談なんかもしてた。













ちょっとした談笑も終わって、帰ろうとした時












「なぁちょっとさ
変な事聞くけど・・・・」

















「はい・・・・なんですか?」














「お前達ってさ・・・」

















「え!?・・・・」







ランキング参加してますクリックお願いします><



FC2ブログランキング




スポンサーサイト

未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<38話 「格好のネタ」 | ホーム | 36話 「言い分」>>

コメント

雄二さんが言ったこと何となく想像できます・・・。
続き楽しみにしてますね
2007-01-11 Thu 23:58 | URL | AS [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。