運命の欠片

出会った時にはすでに遅かったのかもしれない。それでも運命の人と恋してしまうお話です この恋の結末はどうなっていくんだろうか・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

50話 「小さな虹」

「暑い~~暑い~~」











太陽の強い日差しが照りつける、季節は夏を迎えていた。





この業界は繁忙期で忙しい><






あれから数週間、仕事終わって夜ちょっと会ったり
えみがカラオケちょっと覗きにきたり、メールしたり












いい状態を続けていた。







そして今日は、何ヶ月ぶりってぐらい
お昼から夜の終わりまで、えみと2人のシフトなのである









こんな事は何ヶ月ぶり?ってぐらい久しぶりで









前日のメールも「明日コータと一緒だぁ♪がんばろうね!」





なんて嬉しいメールのやり取りもしてた。













昼からの仕事に備えて、支度をしていた時、
携帯がブルブル震えた。



















えみからメールで・・・・




「久しぶりにコータと一緒だと思ったら、早く来ちゃった(笑)
もぉ会社いるからコータも早く来てよぉ><」

















あいつ・・・(笑)思わず笑っちゃうようなメールだけど・・・
すごい気持ちを感じることが出来て嬉しかった。













仕方なく(嬉しくて)ちょっと早めに出勤する事にした。


















職場に着くなり、溢れる笑顔を見せてくれて
本当に癒される。













職場で好きな人と仕事の時って、すごい効率いいというか
やる気とか、いつもと全然違って





なんだろう・・・


自然に助け合うというか・・・






でも、マネージャーとか周りの人はあまり好きじゃないんだろうね・・












自分も第三者から見たらあまり好ましくないって思かも・・・












今日は2人だけだったし、そんな事気にしないで久しぶりに
楽しく仕事が出来た。










お昼の仕事が一段落ついて・・・2人で休憩をしていた時


















支配人がノソっと現れた。








「おぅコータ!今日送迎車の洗車してくれよ」











「洗車ですか??あぁいいですよ!やっときます。」













横で聞いていたえみが・・・






「あたしも手伝うよ!一緒やろうよ♪暑いし~水浴びだぁ」
















「あのぉ~勘違いしてないですか?(笑)洗車だよぉ
水浴びじゃないからね・・・・」



















「わかってるよぉエヘヘへへ♪」









やけに不敵な笑み浮かべる・・・
こいつ何か企んでる・・・












館内から出るとムアァっと熱い空気がまとわりつく。


車を移動して洗車を始める。






まずは室内を掃除





誰もいないのを確認して・・・・




「ん~・・・」ってこっそりキスしたり














そんなこんなで車内の清掃が終わって・・・・







ホースを取り出して車に水をかける、ホースの先を摘まんで
水を勢いよく出してると、


「ねぇねぇあたしにもやらしてよぉ」





「え?いいけど・・・ちゃんと車に水かけてよ?」


















「わかってるよぉ♪」










ホースを渡して、俺は助手席側に周って、水を掛け終わるのを
待っていると・・・・

















いたずらっ子えみの、本領が発揮された(涙)












「あははは、気持ちいい~~♪♪♪」












えみはホースを真上に上げて、雨を降らせる












「うわっバカやめろよぉ!!」










「あ~~ん手が言う事きかなぁぁ~い」(笑)














こいつ・・・完全に遊んでる!!

俺めがけて水を掛けてくるよぉ










「このやろぉ~~!!」(笑)













そして・・・2人でホースの取り合い、水の掛け合いで・・・













気が付いたら2人ともビショビショ・・・
















えみは・・・

「あはは、楽しい~~あたし裸足になっちゃおぉ♪
あ・・・コータ乳首透けてる(笑)ツンツン・・・」












「あン・・・・変な事するなよ(笑)」







ビショビショになる事は、洗車って言われた時から
想像できていた。

でも、ほんっと楽しくてお腹が痛いぐらい笑い合ったんだ。










洗車が終わる頃・・・・






















「ねぇコータ!!見て虹だよぉ」











えみはホースを上に向けて、シャワーみたいに
水しぶきを上げていたんだけど・・・

その中に小さな虹が浮かび上がっていたんだ。












「あぁ本当だ。綺麗だねぇ」













浮かび上がった小さな虹を2人はずっと見ていた。








えみが作ってくれた小さな・・・二人だけの虹














今でも色褪せることなく












その虹を・・・・














俺は忘れていないよ







続きが気になったりしたら押してねっ



FC2ブログランキング



人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:秘密の恋愛 - ジャンル:恋愛

未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<51話 「秘密に慣れる」 | ホーム | 49話 「弱さ」>>

コメント

いいですね~2人だけの虹なんて、
ほんと素敵です!!(>∀<)
えみさんもかわいいし、
2人だけになれるっていいですよね!
今の2人には、そんな時間がとっても幸せみたい♡
2007-02-05 Mon 00:12 | URL | なち [ 編集 ]
こんばんは m(_ _)m 。。
コメントどうもですー。。
物語、更新しましたよー。。
遊びに来てくださいネ。。

小さな幸せ。。
いいですよね。。

でも、最後の忘れていない。。
ん!?。。
気のせいかな!?。。
思い出になっている!?。。

では。では。。
ポチ!!。。
2007-02-05 Mon 01:35 | URL | ドダドゥド [ 編集 ]
さぁどうでしょう?思い出に
なってるんでしょうかねぇ
話が何年か前の事なんで
当時の事は思い出として書いてます
まぁでも書くって事はアレですよアレw(笑)

2007-02-05 Mon 02:05 | URL | コータ [ 編集 ]
ステキな物語ですね~~^^
若い時を思い出しちゃいます^^
運命の相手・・・
私にもいたのかな?!笑

更新楽しみにしていますよw

2007-02-05 Mon 16:25 | URL | みさ [ 編集 ]
はぁ~・・・(*´ω`*)
えみさん可愛いですねっっ!ほーんと読んでるこっちも幸せわけてもらってる感じですww
私も可愛らしい子になりたいなぁ~
ぽちっと☆
2007-02-05 Mon 17:08 | URL | ☆まな☆ [ 編集 ]
気がついたらもう50話ですね♪
毎回更新楽しみにしてますw
続き楽しみにしてます
これからもがんばってください!
2007-02-05 Mon 20:26 | URL | あさひ [ 編集 ]
いいですね~★
このさわやかイチャイチャ・・・好きですw
よし、これから過去ログ読み漁ってきますw
2007-02-06 Tue 06:04 | URL | カズキ [ 編集 ]
おもいで~いいな~(T T)

障害があるほうが、やさしくなれるのかな?

浮気、不倫の方が大事にされるにゃら~
いいな~
2007-02-06 Tue 17:34 | URL | にゃん [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。