運命の欠片

出会った時にはすでに遅かったのかもしれない。それでも運命の人と恋してしまうお話です この恋の結末はどうなっていくんだろうか・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

52話 「買い物」





お店に入るなり、えみは繋いでた手をグイグイ引っ張って・・・



「お前楽しそうだなぁ~」






「え?うん♪楽しいよぉ」












俺はとりあえず買ったから、えみの行きたい所いこうよ










「うん♪」



そう言って、二階の女性服売り場へ向った。





えみがいきなり行ったのは下着売り場で・・・








「うはは^^;」









「これかわいいっ!」


とか、

「これちょっとエロだけど・・・着てあげようか??」


はしゃぎまくりでさ、






下着売り場じゃ、俺も挙動不審というか目のやり場に困ったよ><






結局、黄色の花柄のかわいいやつをセットでお買い上げ。













うっかりしてると、見失っちゃいそうで女性の買い物パワーは
すごいなぁって思ったよ。











お次はジーンズの試着をしてて、




俺のいたずら心というか遊び心というか・・・







試着室はカーテンが引かれててえみの靴が下においてあった




「失礼します~~試着はいかがですか?」(偽店員)








「え??コータでしょ!やだちょっと(笑)
まだズボン穿いてないよ!」









「あの~試着室は制限時間30秒なんでカーテン開けますねぇ」









カーテンをグィグィと引っ張り出す俺(笑)










「ちょっとコータぁぁ><」










「あはは、冗談だよ!ちゃんと試着しなよ」









カーテンの上からひょっこり顔だけ出して、顔を真っ赤に
慌てた様子のえみ。






「もぉ~~><・・・ねぇコータ、一緒に入る?」










「え・・・?ばかっ(笑)」




「あはは、あたしも冗談だよ♪待っててね」














結局試着しても、気に入らなかったみたいで、購入はしなかった。









そのあと靴売り場、キャップ売り場と色々巡って

この時、えみは意外と帽子が似合うって気が付いた。





たのしい買い物もあっというまに過ぎて、
すでに入店してから二時間ぐらい経っていた・・・







「はやいなぁ・・・時間経つの・・・」









「うんうん、ホント早いねぇ・・・ 
ねぇコータお茶しようよ♪」













「オッケーいいねっいこう」










カフェについてえみはまた、キャラメルだの生クリームだの
コッテコテの甘~いの頼んで・・・






俺は普通のコーヒーを注文した



トッピングコーナーでも、蓋をあけてシナモンパウダーを
これでもかってぐらい振りかけて・・・・






「えみ!!かけ過ぎじゃない・・・」







「え~美味しいよ!!コータは?」







「いや・・・俺は遠慮しとく。」








えみはほんと素で居てくれてさ・・・
お互い気を使わないで、すごい楽で居られて・・・

こんな当たり前の事が、ほんとに幸せなんだなぁって思ったんだ。










こういうタイプのお店ってカップでも蓋が付いててさ
まったくコーヒーが冷めないのよね・・・




猫舌の俺は、一口飲んでヤッてしまった。






「あつ!!!!!!!」












「やけど???もぉ~大丈夫ぅ?」










涙目になって、えみに火傷した箇所を見せる・・・





俺はほんとに、熱いお茶とかダメで中華料理のスープでも
たまに撃沈します(笑)


「えみも猫舌でしょぉ~?」





「あたしは気をつけて飲んでるもん♪」







カフェでも30分ぐらい楽しく談笑した。


仕事の愚痴、えみの高校時代の友達の話、過去の恋愛話とか
色々話したんだ。







でも・・・











旦那との話は、俺も聞きたくなかったし・・・えみも、
聞かれなければ話さなかった。








聞いておくべきだった・・・









旦那の性格とか、どんな人なのか・・・












完璧でバレない不倫を追行するなら・・・
聞いておくべきだったのかもしれない。














楽しい買い物も終わって、駐車場までプラプラ歩いてると















えみが周りを気にしだして・・・・







「ねぇ・・・コータさっきの火傷したところ見せて」








「え?うん」







俺はえみの目線に合わせて少ししゃがんで・・・・

舌をペロっと出して熱いコーヒーで火傷した舌をみせた。








その時・・・・








えみはスっと顔を寄せてきて、俺の舌にキスしてくれた。





舌出してたもんだから、ディープになっちゃって・・・

















そして俺の胸に顔をうずめて、上目遣いで・・・








「これで治るかなぁ?」
















「えみ・・・ありがとう・・・これで治るに決まってるさ。
 1番の薬だろ・・・」













もう・・・ホントに、帰したくなかった・・・

温もりをずっと感じていたかったんだ。








バイバイするのがほんと辛くて・・・


















あんな表情、あの人の前でもしてるのかな・・・
考えちゃうと心がズキっと痛む。














もう辛くて我慢できなくて、ここで土下座して、
今すぐ別れてほしいとか言えば・・・

えみは応じてくれるかな・・・













やっぱり追い詰めちゃうだけだよね・・・













俺は・・・









いつも・・・











すべてを飲み込んで笑顔で見送ってあげるしか出来なかった。













買い物デートが楽しすぎたから・・・また行きたいって思いが沸く

ちょっと時間が合えば、また逢いたいって思う。














でも、我慢するべきだったのかもしれない。

無理を続けていると、いつかは・・・・ね











えみの行動範囲は・・・裏を返せば旦那の行動範囲でもある・・・











そんな行動範囲でデートしてるんだから
注意力、推理力が鋭くなくてはいけなかった・・・







でも、デートしてる時は浮かれてしまって・・・










えみの車の所まできてここで、見送る事にした。









いつものようにキスして、バイバイって手を振って
お別れ。








「なぁ今度、えみの休みの時どう?また来ようよ!その時俺、
中抜けで昼間は抜けられるからさ」









「あたしが休みの時かぁ・・・コータ中抜けで寝なくていいの?」









「俺の事は心配しなくていいよ。会社じゃ今、
シフトをズラされてるからあんま逢えないだろ・・・」








「う~ん・・・そうだよね・・・・」









この時えみは何かを悩んでいた・・・













多分それは、旦那と俺の事で・・・
どうしようって悩んでいたのかもしれない。












旦那の仕事のリズムや、えみが休みの時の旦那の
行動パターン・・・











すべてを知っていれば、デートを我慢したかもしれない。
でも、この時は知らなくて・・・




ただ・・・えみに逢いたいって想いが強かったから。







「うん♪わかった。その日のお昼にメールして
あたしは先に出掛けてるから。」














「ありがとう。じゃ気をつけて帰ってね
忘れ物とかそういうのないよね?」















「うん、平気だょ^-^じゃぁまたねコータ」











えみの車が視界から消えるまで、手を振って見送って。







いつもこの時は、寂しいんだけど、今日は楽しさが上回っていた。
傷を心配してくれたキスも、
上目遣いで言ってくれた台詞も、





なんだか俺の心を充たしてくれたからかもしれない。

満足気な笑みを浮かべて俺も、自分の車へと向う。


















だけど・・・



















それは一時の幸せで・・・




















悪夢は刻々と近づいてきていた。









続きが読みたい方は応援よろしくね



FC2ブログランキング


スポンサーサイト

テーマ:愛しい人とデート - ジャンル:恋愛

未分類 | コメント:9 | トラックバック:0 |
<<53話 「恐怖」 | ホーム | 51話 「秘密に慣れる」>>

コメント

えっえっえっ!?どうなっちゃうんですか!?Uu
なんだか心配ですねえ・・
旦那さんって、どういう方なんでしょう?(´・ω・`)
この先も気になります~~っ

というかほんと、えみさん可愛いですね♡♡

それから、HYの「NAO」なちも大好きです!
いい曲ですよね!(>_<)♡
2007-02-08 Thu 23:42 | URL | なち [ 編集 ]
HY、イイですよね。。
切なすぎて泣けちゃいます
ちなみにHYは「Song for…」も名曲ですよね♪

旦那さんのことかぁ・・
ウチはえみサン側と同じ立場ですが
やっぱり男性側はダンナのコト聞いてきませんね。。
私からすると
「何で聞いてこないんだろう?
 私のプライベートには興味ないのかな、
 それとも聞きたくないのかな‥または躊躇してる?」
ってイロイロ考えちゃいます。

この日記の続きもとても気になります
また来ますね☆

PS.リンクの件ありがとうございました^^
2007-02-09 Fri 01:51 | URL | *mini* [ 編集 ]
このまま幸せが続くように見えるのに・・・。
いつの時も悪夢は突然襲ってきます・・・。

続きが気になって仕方が無いw
2007-02-09 Fri 06:17 | URL | カズキ [ 編集 ]
PV(プロモーションビデオ)って自作かな?
もしかして、写ってる景色はコータサンの眼を通しての情景ですか?
曲と共に見ていたら、切な~くなってきましたよ。

>やっぱり追い詰めちゃうだけ・・・
>すべてを飲み込んで笑顔で見送ってあげる・・・
コータサンの立場では、それしか出来ないですよね。お気持ち、よ~く理解できます。
でも、彼女は彼女の立場で 色々、悩んでいたんでしょうね。誰にも相談できずに・・・
そう思って記事読んでると、楽しいデート模様も これまた切ないものと感じました。
まさにHYの曲に乗って・・・・・・・・・♪
2007-02-09 Fri 08:45 | URL | ベル [ 編集 ]
私も「NAO」大好きです・・・☆☆
すごく片思いの気持ちを表してると思うし、
歌詞がすごぃ切なくて、わかるんですよね・・(´・ω・`)
「言葉一つそれだけでいいのに」「諦めたくなっても、あなたまたひら、優しくするでしょう」とか・・

悪夢ってなんなんですか・・気になります><
悪夢はやだよぉぉ↓↓
2007-02-09 Fri 13:23 | URL | ☆まな☆ [ 編集 ]
でも~次回がぁ~こわい(> <;)☆☆

や~(>o<;)

不倫って・・最終的な結果が、何が正解なのかわかんにゃいから~どうなってほしいとか~想像できにゃい~
2007-02-09 Fri 20:28 | URL | にゃん [ 編集 ]
HYの「NAO」いい曲ですね♪♪
楽しい買い物デートができてよかったですね
でも、その後に起こる悪夢はいったい・・・
2007-02-10 Sat 00:00 | URL | AS [ 編集 ]
<<33歳中年おやじさんへ

リンクの件ですが、ごめんなさい><
完全なアダルト系や出会い系を案内するような
サイトのリンクはお断りさせていただいております。
申し訳ございません><
2007-02-10 Sat 00:15 | URL | コータ [ 編集 ]
はじめましてみやこと申します。
ここを見つけてから毎日覗かせていただいています。
すごく気持ちが分かる・・・(´;ω;`)
これから・・・めちゃくちゃ大変で辛い思いがありそうですが、2人が乗り越えて行ける事を願って・・・
更新がんばってください、応援しています☆

この「NAO」に出てくる「あなた」って男の人・・・
うちの彼氏じゃないかって思うくらいですよぉ(;´▽`A``
名前がタイトルと同じですし(゚Д゚;w
2007-02-10 Sat 10:31 | URL | みやこ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。