運命の欠片

出会った時にはすでに遅かったのかもしれない。それでも運命の人と恋してしまうお話です この恋の結末はどうなっていくんだろうか・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

53話 「恐怖」

車を見送ってから、俺は自分の車に向っていた。


時間が多少ズレてたからそんな遠くないけど、離れて止めていた。






朝から降り続いていた雨は、夜になってきて
激しさを増して降っていた。








ここは、立体駐車場なので、もちろん屋根付き。
2Fの連絡通路の近くに、幸い車を止められたから、

ラッキーだった。













トボトボ歩いて、後部座席に荷物を放り込んで
運転席に座った。











エンジンをかけて、
車を走らせ立体駐車場の外にでる。





外に出た瞬間、激しい雨がフロントガラスを叩きつける。





















「うわ~~すごい雨だな・・・・」













フロントガラスに雨粒が降りそそぐ。
すぐに視界が見えなくなって、

ワイパーを動かす・・・・




















ガガガガガガガッッッ!!!!!!!
















「えっ!!!!」


















「な、なにこれ・・・・うそでしょ・・・」

















なんと・・・ワイパーのゴムの部分が取られてなくなっていたのである。
















ガガガガガッッッ!!!!














一瞬なにがどうのって・・・理解できなくて








一体どうして・・・・











ワイパーのゴムの部分は、しっかり装着してあって
なにかの弾みで取れるような代物ではない・・・・











もちろん視界は遮られ、危険・・・・
















このまま走行すると事故も犯しかねない。
イタズラにしては酷すぎる。














もしや・・・














いや・・・店のお客の誰かが、イライラしてやったのかな?


普通やらないよな。(苦笑)













恨まれてる?













誰に?



















旦那?














ゾクっとした・・・



とりあえず俺は、車をゆっくり運転してどうにか
立体駐車場に戻した。
イライラとか、怒りとかじゃなくて・・・















陰湿っぽくて恐怖だった。














確かに、旦那は俺の車を知っている。
えみが寮にいたときに、5マスぐらい離れたところに
旦那の車も止まっていたのを、俺は見ていたし、相手も見ていただろう













えみはココに来てるってことを旦那に教えていたのか?

それと、旦那は車が好きって教えてくれたこともあったな。
ワイパーゴムの取り外しなんて俺はやったことないよ・・・





素人じゃあまり思いつかないイタズラだしなぁ・・・











でも、いきなり疑うのは良くない・・・









とりあえずこの問題を乗り切らなくちゃ・・・

















「あ!!!そうだ!!三年ぐらい前に買った
ガラコ(フロントガラスに塗って撥水してくれるやつ)トランクに
あるかも!!」














「うぉー見つかった!!これで帰れる(嬉)」




















ちょっ!!!これ・・・乾燥しちゃってるじゃん(涙)
使えねー;;













そして俺は、思いついた!洗車好きで、
いかにもガラコ使ってますみたいな車を探して、
借りるか、その人からお買い上げしよう。

って思いついて・・・













お!!この車フロントガラス見るといい感じで撥水してる・・・
雨が水玉みたいになってて、いつも洗車してる感じだな。

スポーツカーだし、頼み込めば貸してくれるかな。













俺は、刑事みたいに張り込みをした。










・・・




「ハァ・・・なにやってんだ俺は・・・」

張り込み開始20分・・・

(妄想)ボス!ホシが現れましたぜ!










(妄想)「よし!聞き込み開始だ!」














「あの~~すいません。」







「は・・・?」









「いきなりですけど、フロントガラスに塗るガラコみたいなの
持ってないですか?良かったら、貸してほしいんですけど・・・」













「あ~~~俺いつも洗車道具、家に置いちゃってるんだよね。」













「ガーーーーーーン。そうですか・・・すいません、
ありがとうございました。」










1人目はハズれた。二人目もないって言われて。














3人目の人が・・・カップルだったけどお構いなしで;;

























「あるよ!!」












「マジですか!!(涙)あの・・・良かったら貸していただけませんか?
ちょっとワイパーのゴムが取れちゃって・・・」












「あぁ~そりゃ危険!残りちょっとだし、よかったらあげますよ!」










ぬおっ!!なんてやさしいお方なんだ。
こういう人にはやっぱり彼女と一緒に買い物来てて、幸せそうだった。

羨ましいな・・・








人間思いやり、気配りとかって大事なんだな。
最初は買うって言ったけど、お金なんかいいって言われてさ・・・







その人にはホント感激して、何度もお礼をして・・・・

彼はカッコイイクラクションを鳴らして   「ファファン!!」
その場から去っていった













気が付いたら、もぉ張り込みしてから一時間ぐらい経っていた。








ヌリヌリヌリヌリ・・・・ヌリッ!おぉ!手が滑った・・・ (汗)
そんなこんなで、フロントガラス塗りつけて、

撥水パワーが付くのを実感!(笑)

















そして、駐車場から出ると、強い雨は降り続いていたけど
撥水パワーのお陰で、ワイパーなんていらなくてさ。

弾く弾く、俺も感動してはしゃぐ・・・(バカ)
















そんな浮かれてられない。

ゴムが外されていたのは事実だし・・・









あの人もイタズラ出来たのかどうか・・・
一応、調べないとな・・・












白か、黒か!真実は1つ!!  (迷探偵 コナソ)










俺は寮に着いた・・・安心したら急に疲れが出ちゃって、
知らないうちに寝てしまっていた。



















この事は、えみには話さないでいた。






余計な心配させたくなかったし、それを言ったのちに
旦那の事、根掘り葉掘り聞くのは失礼だと思ったからだ。













翌日、俺はメールで、あの日旦那はいつ頃帰ってきてたのとか
さりげないメールをしてみた。










そしたら、えみが帰って来たら、社宅に居たらしくてその日は
夕方16時半には終わったらしいんだよね・・・








んで、えみはショッピングセンターに行ってるって
教えといたの?ってメールすると










どうやら知らせたらしい・・・でも、すぐ帰るから
帰りの時間と、行き先はすでに旦那にメールしていたとの事。

いつも18時頃に終わるから、自分は19時ぐらいに
帰ればいいだろうって思っていたらしい。












それで、旦那から何もメールが来なかったから、こっちには、
いくらなんでも来ないと思ったみたいだ。













旦那はどこぞのホテルでフロントをやってるらしく
チェックインの状況で、終業時間が違うらしい。






夕方4時とかにお客のチェックインが済んでしまえば
早く帰れるけど、お客の都合で遅くなれば、それまで居ないと
ダメみたい。





なんてランダムなんだよ(涙)



















そして・・・・












彼は結構、驚かせるのが好きらしくて・・・












デートの行き先も内緒にしていて到着してビックリさせるとか
えみの休みの日、メールもしないでいきなり
近くに来てるから~みたいな事をたまにカマすらしいのだ。











うーん・・・危険な香り







それで、えみは自分の休みの時の、俺とのデートを
少し躊躇したみたいで、
でも、逢うのは昼間だし、大丈夫だろうって考えたみたいだ。












だから、今回も16時半に終わった事を考えれば
危なかったと言えば危なかったんだ。

総合して考えると、可能性はアリで・・・やろうと思えば
イタズラ出来る・・・













けど、決定的な証拠もないし、これ以上検索すると
疑われる・・・

それに、以前から相手も、こっちの事を調査しないと
決行できないだろう。









もし、あの時連絡通路の近くに俺の車がなかったら
店内でバッタリもありえたんだな・・・・。







俺達が、仲がいいって事を、えみが
寮に住んでいる時に、誰かが吹き込んで知ってたら・・・・???

俺の車を発見してイタズラしちゃう??










なんせ、連絡通路の近くだから見つけるのも容易いだったろうな。





大人しい性格で、店内で見つけて「テメェー!」って
ぶん殴るとかそういうのはしない人らしい。









うーーん。








でも・・・怖いな。どうしよう・・・














まてよ!まったく別の場所に行ってるってえみがメールすれば
いいじゃないか!









でもそれは、急に旦那が、今からいくよってなった時
うそってバレる事になって・・・


なんでそんな嘘つくの?って問い詰められるらしいから
無理だな・・・


不倫なんて初めてだし、うまい言い訳、策略なんて
ポンポン出てこない。














離婚する覚悟ってえみは言っていたけど、すぐには出来ないって
俺も理解はしていた。

すぐには、旦那の事だって嫌いになれないって
そうも言っていた。

それまでは家事もちゃんとしなきゃって・・・言っていた。













それでも、夕飯も作らず洗濯物もたたまずに放っぽりだして
逢いに来てくれた事もあった。








そんな時旦那は、あいつそんな急いで
どこ行ってんだ?って疑うだろう。









えみは、初めての状況で、自分なりに一生懸命だったと思う。

不倫は本当に疲れる・・・・


でも、2人が逢うと、楽しくてそんな事も忘れてしまう。





















そして・・・・うやむやになったまま・・・













前に約束した、デートの日となった。








その日の午前中、俺は色々考えていて、ワイパー事件の事もあったし
ドタキャンしようかなって思っていた。














寮に戻ってきて携帯を開くと、メールがきていた。












「今ね、白鳥町まで来てるんだ、美容院行ってきたょ。
それと、コータにいつもお世話になってるから、

プレゼントもあるんだぁ♪ 早く来てね^^」














ぐ・・・マジかよ。これじゃ断れない・・・。えぇい!!行くしかない。
約束したのは俺だし、えみは待ってくれてる。













「わかった。今終わったから急いで向うね。」













こんなメールくれたら、



ただただ・・・嬉しいのに。























妙に心臓がバクバクする。















気のせいかな・・・




胸騒ぎ?


いつもならウキウキで
出発するのに・・・・












この日だけは・・・





















違っていたんだ。







続きが気になる方は応援よろしくです><



FC2ブログランキング




スポンサーサイト

テーマ:婚外恋愛 - ジャンル:恋愛

未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<号外だよ | ホーム | 52話 「買い物」>>

コメント

ええ~なんか怖いですねっ
嫌な予感かあ・・・
当たらないといいなあ・・(><;) 
2007-02-10 Sat 19:19 | URL | なち [ 編集 ]
コータさん遊びに来ましたよv-10
こんな物語書けるなんてコータさんを尊敬いたします^^そしてこれからも愛読させていただきますねv-238そしてノンフィクションと言うところにビックリですv-12
2007-02-10 Sat 21:30 | URL | エリカぽん [ 編集 ]
昼ドラみたぃな展開が続出ですね;;コータさんのぉ話しゎぃっ見てもハラ②します↓↓
続き楽しみにしてます.。o○
2007-02-11 Sun 16:26 | URL | 杏 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。