運命の欠片

出会った時にはすでに遅かったのかもしれない。それでも運命の人と恋してしまうお話です この恋の結末はどうなっていくんだろうか・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

55話 「パニックⅡ」

あぁ・・・・なんて事だ。 心配していた事がついに・・・





でも、すべてがバレたわけじゃない・・・・






ただ・・・会社の同僚として、たまたま買い物してた。
って事でなんとかごまかせれば・・・・











俺には、飛び出してマックに行く勇気なんてなくて
ほんとに情けなかった。










ここからは、マックの駐車場みえなくて・・・・

直線距離で100mぐらい

その間には仕切りの壁と木の柵がしてあり、






状況をうかがい知る事は出来なかった。





















それでも、旦那がこっちに来て、話すなりして来るなら
受けようって思っていた。












もの凄い緊迫感に襲われながら車の中で少し待っていた。






















しかし、一向に2人が来る気配はなかった。













えみは今、どんな言い訳をしてどんな会話をしているんだろう。



こんな事件になってしまうとは・・・







これで、何もかも終わってしまうかもしれないな・・・
いけない事を続けていたシッペ返しなんだ。





でも、今は会っていただけでそれ以上はバレてないはず、

えみと口裏を合わせて何でもないって旦那を納得させないと。








けど、俺の心の奥底に・・・これがキッカケで2人が別れるなら・・・
そんな卑劣な思いが燻っていたのも正直な気持ちだった。














そうこうしてる内に、出勤時間が迫っていた・・・






やばい・・・これ以上居たら、遅刻してしまう、
クッソー!!時間がもぉない・・・










俺は仕方なく車を走らせた。






状況はさっぱりわからない。



一方通行な為、マックの駐車場もまったく見えなくて、
俺は会社に向ってしまった。







やむを得ない・・・・

















そろそろ会社に着くって頃


もぉあれから時間も経ってるし、えみに電話してみるか・・・

状況を聞きたい。


俺も、出向くなら出向いてやらなきゃ・・・
でないと・・・えみが耐えられないだろう。









「プルルルル」











「プルルルル」

















コールが20回ほど鳴った所で俺は電話を切った。












あいつ出ない・・・・・



なにやってんだ!もぉ!!














心が落ち着かないまま、寮で着替えて

会社に向う。












気持ちここにあらず、みたいな感じでソワソワしてる、
まったく仕事も身に入らない・・・・













そこへ、主任がやってきて、




「コータ・・・お前、顔色良くないぞ??大丈夫か・・・?」











「え?そうですか、だ、大丈夫ですよ^^;」















「そっか?なんか落ち着いてない気がするけど、頼むぞ!」














極度の緊張感が続いて、ちょっと疲れてきたのかな?

結局連絡も取れてないし・・・・








心臓のバクバク感もずっとだよ・・・・







うあー仕事なんてやってらんねーー(涙)
どうなってんだよ状況は・・・・えみは・・・・!!!













ほんとに気になって気になって・・・・どうしようもなかった。











そして、更なる事件を招く事となる・・・・














なんとか仕事をこなして、やっと片付けを始める頃











いまだに飲み食いしている、団体のお客が生ビールを注文した



頼んだ数は全部で6杯










「ヤローまだ飲むのかよ・・・・」(ブツブツ)








生ビールのグラスは中ジョッキで


早く注がないと、最初に作った生ビールは泡が消えてしまう
そんな焦りと、疲れで・・・・










俺はやってしまった。













トレンチにビールジョッキを全部乗せて

急いでお客の前に運ぶ・・・・







1人目、2人目・・・・


















テーブルに置いて、3人目のとき



レストランで料理を提供する時、テーブルを囲んでる
お客とお客の椅子の間に、
スッと体を入れて、左手で料理を提供して、

右手にトレンチを持ってるんだよね。
トレンチはお客の頭上なわけで・・・・・










そのトレンチが、斜めに傾いてしまったらしく、











3人目のビールをテーブルに置いた瞬間










トレンチに乗せていたビールがガシャンと倒れてしまった











∑(`□´ノ)ノ  「ガシャーーーーン」











3人目のお客さんは頭からビールを被ってしまい(うわ~)




まるで、テレビでやってるコントのような惨状が
目の前に広がっていて・・・・











お客も、俺も、何がどうなったのか (何が起きたんですか?)
一瞬考えられなくて・・・・真っ白・・・













その団体のお客の1人が、







「お前!!何やってんだよー!!!」


















「はっ!!し、し、失礼しましたっー!!!」(滝汗)






















さ、最悪だ・・・・








続きが気になる方は応援ポチよろしくです><



FC2ブログランキング


スポンサーサイト

テーマ:遠距離、婚外恋愛 - ジャンル:恋愛

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<56話 「ため息」 | ホーム | 54話 「パニック」>>

コメント

わーっ!!
最悪!!

って私もバイト中、隣の席の子どもがいきなりソファの上に立つから(怒)、トレーが傾いてお客さんに飲み物かけちゃったこと思い出しちゃった・・・

頭が真っ白になるよね・・・

えみちゃん、どうなったんだろ?

でもあせって連絡しようとすると、余計悪い事態を招きそう・・

2007-02-13 Tue 23:31 | URL | saya [ 編集 ]
いえっ紹介とかはしないつもりですよ~~
実際ブログも全然友達とかに教えてないですし。
心配なしです!(^-^)
2007-02-14 Wed 18:43 | URL | なち [ 編集 ]
どーも毎度おなじみあぶーちゃんです(´∀`*)ウフフ
コータしゃんのブログリンクさせてもらってよろしいですかぁ??
よろしくお願いしますwww(*'-'*)
2007-02-15 Thu 09:51 | URL | あぶ [ 編集 ]
そりゃ動揺もしますよねぇー・・・・(pω;)
気になって仕事どころじゃなぃですよねぇ;;
お客さんにガシャーンって私もそのうちやってしまいそうな予感です。。。(汗
2007-02-15 Thu 20:59 | URL | ☆まな☆ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。