運命の欠片

出会った時にはすでに遅かったのかもしれない。それでも運命の人と恋してしまうお話です この恋の結末はどうなっていくんだろうか・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

56話 「ため息」

す、すいませんでした。

唖然となったお客と、呆然と立ち尽くしてしまった俺。




すぐに我を取り戻し、タオルを取りに向った。










「やべーもしかしたらクレームになるかもしれない・・・
あぁ・・・なにやってんだ俺は・・・」












ありったけのタオルを手にとって、レストランに戻る・・・











周りのお客も、あ~~ぁかわいそう。みたいな目つきで
こっちを見てる。(涙)








とりあえず、こぼれたビールを拭いて
怪我はないか聞く。






「あぁ~大丈夫だよ!それより着替えたいから
浴衣もってきてくれる?」












「はい、かしこまりました。」





俺は、フロントまで走って浴衣を取りに行く

お客はそのまま風呂に行きたいとの事で、裏の個室に
連れて行き、そこで着替えた。






お客が怒り狂わなくてよかった・・・







「あの・・・お客様・・・・こちらの服はクリーニングにだして
明日の朝、お届けしますので・・・大変申し訳ございませんでした。」















お客は了承してくれて、とりあえず落ち着いた。









現場をみんなに任せ俺は、今日カラオケを担当している
主任に、今回の事件を話しに向った。












ガチャ、
















「おう、どうした?」











「あの、主任がカラオケに行ってから、お客に
ビールをこぼしてしまいまして・・・」









「えぇ!!まじで?、で、どうなったんだ?」












「一応混乱は収まりましたけど、あとはお客さんの
服をクリーニングするってことで・・・」











「ん~あとで、そのお客に謝りにいくとして・・・
今の時間からクリーニングなんてやってないぞ?

もし、アレだったらホテルのランドリー使いなよ。
縮む素材じゃないだろ?」












「あ、たぶん平気だと思います。今のうちに洗濯して
あとで、アイロンかけます。すいませんでした・・・」











「今日お前、顔色悪かったけど調子悪いのか?
いつもとおかしいからさ・・・」












「ちょっと寝不足かもしれません・・・でも、大丈夫ですから
じゃぁちょっと洗濯していきます。」








事情を話してる暇もないし、相談もしたくないゎ・・・












「あとで、お客が風呂から出る頃誤りにいくから
また寄れよ。」








「はい。」








そう言って俺は、ホテルのランドリーに向った。




お客が洗濯と乾燥機を使えるように設備されてて
助かった。



まさかこんな事で使うなんて・・・・













ビールの臭いがプンプンしたYシャツと、ジーンズ




これは・・・色落ちしてYシャツに移ったりしないだろうか・・・







まぁいいや、洗濯機は2台あるし、一個ずつやれば・・・












適度に洗剤を入れてぶん回す。




















グオォォン、グオォォン









そのランドリールームの壁にもたれて、ため息をついた






「はぁ・・・・はぁ・・・・」






心の奥からドップリと出たため息は、とても重く感じられ

いくらでも、吐き出せるような感じだった。














このまま、待っていたら倒れて寝てしまいそうだ・・・
その場にしゃがみ込んでウトウトしてる時、








そういや・・・えみどうしただろ・・・

今日見つかっちゃったんだよなぁ・・・ついにバレたんだなぁ

あいつの事、諦めて逃げ出すのと、このまま奪い去るのと
どっちがいいのかな・・・?





小心者の俺にはどっちも出来やしないよな・・・











ランドリールームの角で体育座りをして体を壁に傾けていた
俺のYシャツの腕の部分はヨダレだか涙だかわからないけど

ほんのり湿ってしまい・・・・










心の中でブツブツつぶやくように、独り言を言っていた。











これから、旦那と話さなきゃいけないんだなぁ?

神経使うよなぁ・・・・心臓バクバクするしさぁ・・・・



えみはどっちが好きなんだよ・・・

どっちが大事なんだよ・・・・

どっちと一緒に居たいんだよ・・・

どっちと未来を夢見てるの・・・?



うぅ・・・うっ・・・



どっち・・・・   ピーッピーッピーッピーッ
















「あ、洗濯終わった」








心の叫びは洗濯機の完了音に遮られ

フッと正気にもどったような感じだった。








そのまま乾燥機に入れてまわす・・・どうやら30分はかかるらしい

じゃぁ主任の所にいくか・・・














ガチャ
















お客はまだ来ていなくて、主任だけ1人でいた。




「今乾燥しています、あと30分ぐらいで・・・マジですんません」












「そっか!手ぶらじゃなんだから売店の饅頭もっていくからな
まぁこれでいいだろ(笑)」













「そうっすね。はぁ・・・・」










「元気だせよ!みんな1回はやってるよ、みつちゃんだって
昔、熱い味噌汁ぶっ掛けた事もあってな(笑)


今じゃ笑い話だけど、頭が火傷したとか大変だったぜ?」












「マジですか?あの、みつちゃんがねぇ・・・」









「俺だってコータみたいにぶっかけてさ、その時
ランドリーなんてなかったから、車で40分ぐらい先にある

知り合いのクリーニング店に頼み込んだこともあったよ!

んで、朝方取りにいってさぁ~」








「みんな大変な思いしてるんですね・・・」















そんなみんなの過去の大失態など聞いて
本来の自分なら、クヨクヨしても仕方ない頑張るか!!
ってなっていただろう。








だけど、今回の件と不倫の事件のWパンチは
ダメージが大きくテンションは上がるはずもなかった・・・













そうこうしてる内に、乾燥時間が過ぎて、アイロンをかけようと
レストランに向ったら、まだみんなが居てくれた。







どうやら心配だったらしく、みんな残ってくれていた。






「わぁ~みんなありがとう・・・服も乾燥したし
あとはアイロンだけだよ、ありがとう。」













「コータさん!こんな日もありますよ!元気だしてください」
















「コータさんがぶっ掛けした時正直笑っちゃいました・・・」










「本田君、バチあたれ~~~~~!!!!」(笑)












「コータのミスを見るをお前も人間なんだって思うよ」














「安田さん・・・おれは機械じゃありません・・・」












そして、主任に同行してもらい、部屋に誤りに行った。



風呂でさっぱりしたのかお客は、すでにお咎めなしって
感じになっていて。洋服も洗濯&アイロンでオッケー!


貢ぎ物の饅頭も、いいのぉ?みたいな感じで受け取った。(ニヤリ)













良かった・・・クレームにはならなくて・・・・


そうして俺はホッとしながら寮に帰る事になった。











だけど、ホッとしたのもつかの間。
まだ問題はある。






それにしても長い一日だよ・・・・

帰りの送迎車の中で俺は考えていた。



急いで出てきたこともあったし、会社に携帯を
持っていっても仕方ないと思っていたからな。






携帯は寮に置きっぱなしだ。

仕事中ってえみもわかっていたし掛かってこないだろう・・・





もしかしてメールが来てるかもしれない。




頼む!!なんでもいいから、えみからなんかメールが
来ていてほしい・・・












寮に戻るにつれて、また緊張しはじめる。


なんだか体調がおかしくなりそうだ。















「お疲れ様でした~~」



寮について、みんな車から降りる。










俺は挨拶もそこそこに部屋まで走った。


急いでドアを開けて、テーブルにあった携帯を覗き込む













メールあり1件

















き、きてる!誰だ

























そのメールはえみからで・・・・


















その内容を読んだ俺は・・・


















目をグッと閉じて唇を噛み締めたんだ。































「あたしが居なくなれば
いいんだよね・・・・」
































間違いだけはしないでくれ・・・








続きがきになったら応援ポチ↓お願いします。



FC2ブログランキング



スポンサーサイト

未分類 | コメント:7 | トラックバック:0 |
<<57話 「先が見えない」 | ホーム | 55話 「パニックⅡ」>>

コメント

えみさんの気持ち・・・よく分かります。
私もずっと、死にたいくらい辛くて。
彼もきっと辛かったんだな・・・ってここを読んで思います。
それでも彼は一生懸命私を支えてくれて。
あの時彼が諦めて手を離したら、今私はこの世界にいないでしょう。
コータさんもえみさんを守ってあげてクダサイ。゚(゚´Д`゚)゚。
2007-02-16 Fri 23:30 | URL | みやこ [ 編集 ]
ε=(ノ゜ー゜)ノタダイマ
今日無事帰還しました♪んで早速読ませてもらったんだけど・・・
またまた続きめっちゃ気になるぅ~
大変な事になってきちゃったの (@´・д)(д・`@)ネー
明日の更新楽しみにポチッしました♪
2007-02-16 Fri 23:45 | URL | yuyu [ 編集 ]
yuyuさんお帰りなさい。スノボ楽しかったですか?
ポチどうもありがとう♪5位になりましたよぉ
みなさんのお陰ですぅ

17日も更新しますよぉお楽しみに^-^
2007-02-17 Sat 00:05 | URL | コータ [ 編集 ]
天真爛漫なえみ
悩むと深いんだー
がんばれー
2007-02-17 Sat 01:02 | URL | end [ 編集 ]
えみとのその後は一体・・・

ん~ひっぱるね~^^;
ますます目が離せません(>_<)
2007-02-17 Sat 10:51 | URL | あおちゃん [ 編集 ]
わーーーすごい展開に!
みんな裂かれるような思いを抱えてるんですね><
できれば、みんなが幸せになってほしいです;;
ほんとに続きが気になりますww
更新がんばってください!
2007-02-17 Sat 12:26 | URL | あさひ [ 編集 ]
え・・えみさん・・・・・
本当に、最悪な事態になってしまいましたからね・・・
旦那さんは気づいたのかわからないけど、
コータさんも、そしてそれ以上にえみさんも
かなりツライ立場なはず・・・・
2人は一緒に幸せにはなれないのでしょうか・・・(´;Д;`)ううう・・・
2007-02-17 Sat 20:05 | URL | なち [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。