運命の欠片

出会った時にはすでに遅かったのかもしれない。それでも運命の人と恋してしまうお話です この恋の結末はどうなっていくんだろうか・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

59話 「鋭い女」

あれから、すぐに眠りに落ちて本当にギリギリまで
寝ていた。



いくぶん疲れも取れて、ちょっとスッキリしたかなぁって感じ。








えみとは、メールもしてなかったけど、夜の仕事で
今日は一緒だ。









一体、どうなったんだろう・・・・


何も連絡がないって事は無事だったって事なんだな。









そして、支度をして職場に向う。








「おはようございます!!」










いつもこの時間になると、調理場は慌しく動いている。









そんな忙しいパントリーを抜けてレストランの裏の
部屋に荷物を置く。









そろそろえみに会えるって思うだけでも
なんかドキドキする・・・











いつからこんな自分になっちまったんだ。




その時、パントリーのほうでえみの声がした



「おはようございま~す」













く、来る・・・















「あ、コータ!おはよっ」












「お、おはよ」









「あれからどうだったんだ?」













「え~あれから~んっと・・・一応家に入れてくれたけど、
今回の事は、もぉ思い出したくないから忘れるって・・・

嫌だけど、いつまでもネチネチ言いたくないし
とにかく、ぶり返したくない・・・だって。」










「ふ~ん、仕方なく許したって事なのかな。」










「わかんない・・・」













まったく、えみは肝心な事は、はぐらかす。

それで俺も、問い詰める訳じゃないけど・・・


うまく逃げるのが得意だよなぁ。




そのくせ、勘だけは鋭い!

このあと機嫌を悪くする出来事が起きてしまう。















「コータさん!!!!!」











本田君が、大きな声で俺を探していた。






裏の部屋まで来て俺を見つけるけど、えみと一緒だったから

おっと!!みたいな感じで、一瞬動きが止まる・・・










「あ、えみさん・・・おはようございまっす!」






例のイベントの話があったんだろう。けど、えみが居たから
躊躇してしまった。







本田君はすぐに切り替えて、俺のビールぶっ掛けの話を、
大変だったんすよ!って、えみにも話を振ったりしてた。






えみも、

「聞いた、聞いたぁ!!コータもドジだよね(笑)」








そんな話で一時は盛り上がったけど、本田君が居なくなると・・・










「ねぇ・・・・本田君あたしが居たの見て、キョドったでしょ?
なんかあたしが居たら気まずい話があるの?
あの人も、コータと一緒ですぐ顔に出るもんね!」














!!!!!!な、なんて鋭いんだ。





「まさかぁ~(汗)俺とえみがいつも一緒だから、またかぁ!
みたいな反応だったんじゃないの?

気にしすぎじゃない?」













不倫の最前線にいると、感性が鋭くなるのか・・・

あやしい事を察知する能力も極めて敏感になるのか。








そう・・・例えるなら平和ボケで暮らしてる人間と戦場の最前線で
戦ってる人の違いみたいな。  (意味不な例え)













本田君もえみの前でこの話するのは遠慮してくれたんだろう。
あとで、2人でアイコンタクトしたり





ちょっとの合間をみては2人でコソコソ話したりして

場所とか、開催日、そんな内容を話していた。





よくよく考えたら、あとでメールしたり寮でゆっくり
話せばいいのに。







そして、俺と本田君が仕事中に見えない所で話したり
仲が異様によかったり。














えみにはお見通しだったんだよね・・・

しかも、一度自分が居た時に話されなかったって事を
気にしちゃうと、ものすごく嫌だし、気になるなわけで・・・









今日のカラオケ担当は本田君で、時間になると
カラオケルームに行ってしまった。












そしてえみの、尋問が始まる。










裏で、伝票を書いていると・・・・





俺の服をグイっと引っ張って裏へ連れ込む。





「おぃっ!ちょっっなにすんだよ??」













「ねぇ何隠してるの?」











「へ?何が?」













「あたしはね!コータをいつもずっと見てるんだよ。

コータが元気ない時とか、ウキウキしてるとか
すぐわかるの!

あたしは・・・あたしは、ずっとコータを目で追ってるんだからね!」

















「え、えみ・・・・・・おまえ・・・」














えみは立場上なのか分からないけど、
好きって言葉を言ってくれた事があまりない。

恥ずかしいってのもあるんだろうけど、
面と向って言われたことがないんだ。












けど、今言ってくれたのは、好きな人の事は
全部お見通しなんだよ!って言ってるような気がして・・・












すごい嬉しかったけど、もぉ俺は観念した。








「わ、わかった。話すよ。。。イベントに誘われた。
本田君、ラップやってるでしょ?それで俺に来てくれって
言われてさ^^;」











「ふ~ん、なんで、あたしに隠すの?」













「なんだろね・・・俺達が仲いいから話しづらいんじゃない?」
















「知らないっ!行ってくれば・・・」













えみは持っていたテーブルフキンを俺の胸に投げつけ
トコトコと行ってしまった。
















あぁ・・・言ってしまった・・・俺はえみに嘘をつけないし
隠し事も出来ないな。









好きな人に対する女の勘ってすごい鋭い。










えみだってよくレゲエを聴いてたりするらしいし、
クラブがどんな所か知ってるだろう。


好きな人がそういう所に遊び行くってやっぱり嫌なのかな?












しかしよー、何でこんな束縛みたいの受けなきゃいけないんだ?
ちゃんと付き合ってたら、心配なんかさせないけど、








束縛の大きさと、付き合いの薄さのアンバランスで
俺だって辛いっすよーだ。











えみの事を考えて、辞める事も出来るだろう・・・

でも、今回は本田君と、先に約束しちゃったしなぁ
本田君のラップも見てみたいしね。













そして、えみに危機感を募らせれば、もしかして
離婚の事を本気で考えるかもしれない・・・

俺がえみ!えみ!って気持ちになってるから、安心して
現状で居てしまう。





何か変わってくれるかもしれないしな。













えみは相変わらず、不機嫌で...目が合うと露骨にプィってしたり
遠くからアッカンベーしたりしてる・・・




そこまで、怒ってるってわけじゃない感じだけど、
コータがクラブ行くの嫌なの!!

そんなメッセージを幾度となく伝えてきてた。








「なぁえみ・・・イベントに行っても別に、なにかあるわけじゃ
ないし、本田君見たらすぐ帰るよ。

何そんな怒るのさ?」








えみは、無言のまま連絡用のホワイトボードにあった
ペンを取って、

漫画によくある、怒ってる時、おでこによく出る怒りマーク?
あれを、俺の手の甲にグリグリ書いて、フンっ!て行ってしまう。












なんかもぉ笑っちゃうような判りやすいカワイイ嫉妬でさ・・・
逆に愛しく想えちゃって、、、











お前と一緒なら、どんなに楽しいんだろう。














あんな辛い事件があっても、お互い冷める事なくて、
嫌いになるなんて出来やしなかった。








今回のえみの嫉妬は、謝って許してもらおうとか
しないで、放っておいた。






イベントを断らないと機嫌は直らないだろうし、
ちょっとぐらい嫉妬させるほうがいいのかなぁって
思ったりもした。













そして俺は・・・・




















イベントの日を迎える。






続きが気になった方は応援ポチよろしくです。



FC2ブログランキング


スポンサーサイト

テーマ:婚外恋愛 - ジャンル:恋愛

未分類 | コメント:7 | トラックバック:0 |
<<60話 「美貌」 | ホーム | 58話 「いいよね?」>>

コメント

きついのにがんばってるねー
 おつかれーー
2007-02-19 Mon 23:30 | URL | end [ 編集 ]
友達付き合いも大事だよ!
それは、浮気じゃないし…

私はコータくん側の立場だけど
私の彼は全く、ヤキモチをやいてくれません。
私を信じてる!って
だけど本当はすごくヤキモチやいてほしい!!
えみさんは、露骨に嫉妬してくれて
可愛いね^^

で、コータくんイベント行かなかったんでしょー?v-403
2007-02-20 Tue 09:30 | URL | koto [ 編集 ]
私はエミの立場(夫持ち)なんで、私がエミだったら、イヤだと思っても、きっと束縛できないな~・・・

素直なエミちゃんも、それを可愛いと思えるコータさんも、何か素敵~♪
2007-02-20 Tue 15:43 | URL | あおちゃん [ 編集 ]
メチャメチャびっくりしました!!!
まさか、コミュの主催者さんが、
ここのコータさんだったとは+.(・∀・)゚+.

前は「年下の男の子」やってて、
今では「今日から片想い」書いてるりぷです!!

これからよろしくお願いしますね☆
2007-02-20 Tue 18:57 | URL | りぷ [ 編集 ]
そうですよ②~!!!(*´д`*)

女は鋭いんです!ちょっとした声のトーンの違いとか、
態度の違いとか、すぐに見抜いちゃいますよ!
気をつけてくださいねw笑
2007-02-20 Tue 21:13 | URL | ☆まな☆ [ 編集 ]
女の感は鋭いっていう言葉がありますよね・・・
コータさんに嫉妬してしまうエミさんは
素敵だと思いますよ♪♪
2007-02-20 Tue 23:38 | URL | AS [ 編集 ]
えみさん・・・考え方軽過ぎなんじゃないかな?
何で旦那に許してもらわなくちゃいけないの?
自分は他の男と一緒に暮らしているのに
コータさんは遊びに行くのもダメだなんて・・・
何かズルくない・・・?
こんな事言っちゃってごめんないさい><
続きが気になりますw( ゚∀゚)σ☆ポチ
2007-02-21 Wed 00:39 | URL | みやこ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。