運命の欠片

出会った時にはすでに遅かったのかもしれない。それでも運命の人と恋してしまうお話です この恋の結末はどうなっていくんだろうか・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

61話 「傾いて」












乾杯を交わしたあと、俺はタバコを取り出し


お気に入りのジッポーライタで火をつける。







「ねぇもしかしてマイセンライト?」














「あぁ・・・うん」












「あたしも吸うんだけど、ほら♪」









彼女は俺と同じ銘柄のタバコを見せてくれた。



同じタバコを吸っていたのである。










マジか・・・・



この時、フッとえみの顔が頭に浮かんだ。



この店に来てから、初めてえみの事を考えた・・・













正直、あいつと偶然同じとか、すごい体験してて
この子の吸ってるタバコが同じって事に


あまり驚かなくなっていた。




昔だったらスゲーって言ってたのに。










「あぁホントだね。」











慣れすぎていた為に驚いた返事もせず、普通に返事してしまった。











「あの、俺コータって言うんだけど、お名前は・・??」












「あたし、なおみって言います。」









なおちゃんかぁ~イメージにピッタリな名前
あんまり美人だと、緊張して何話していいかわからない。










なおちゃんが休みもほどほどになって、じゃあホール戻るねぇ
な~んて言ったら、もぉ~お終いだろうなぁ。




なんか盛り上げないと><

どうしよう・・・









「コータさん!!!」









2人の無言が続いて空気が不味くなってる時
それを断ち切る声が聞こえた。







後ろからなんと!本田君が俺を見つけ声を掛けてきた。






「何やってんすか!?コータさん来てると思って
探してたんすよ!」













「あっ!本田君、ホールはゴチャゴチャしてるから
こっちで飲んでたんだよ。」













「って、隣の子メチャメチャかわいいじゃないすか?
どうしたんですか?」





本田君は耳元で俺に囁いて言ってきた。












「あぁ~えっと、なおみさん!なおちゃんね
偶然知り合ったんだよ(笑)偶然ね」













なおちゃんは、本田君を見てペコリと頭を下げた。











「なんでこんな子と、いきなり知り合ってんすか?
ずるくないですか?コータさん手早いっすよ(笑)」











「いやいやいや^^;」




俺の意外な場面を見たもんだから、本田君もビックリ顔で、

「もうすぐ、俺のマイクパフォーマンス始まりますから、

ホール来て見てくださいよ!!」







「あぁ、うんうんいくよー」



いや、俺はこのままなおちゃんの隣でいいや(本音)








「じゃぁ俺は、裏いって準備あるんで、またあとで♪
あ、そうそう、コータさんマジいい人ですから!!

最高ですよ!」






本田君は、なおちゃんに俺の宣伝をしてくれて
頑張ってくださいよっ!みたいなポーズも

なおちゃんに見えないようにしてくれた。

















「彼が、例の会社の人、あいつに誘われたんだ。
でも、俺のが歳は上だけど、俺は入ったのが遅いから

彼のが先輩なんだよ」








「へぇーでも、会社であんな人がいると、楽しそう♪
コータさんってどんなお仕事なの?」









「ウェイターだよ!旅館っぽいホテルのレストランでね」














「へぇ~~あたし温泉とか、旅行大好き♪いいなぁ~」





「たしかに、温泉は入り放題だけど、お客相手だからねぇ
朝も早いし、それなりに大変かなぁ~

なおちゃんは?」









「あたしは、事務系だよ。」












それから、会話を繋げよう広げようって頑張って話した。


なおちゃんも、質問してくれたり、話を聞いてくれたり
結局その場に留まって居てくれて、

なんとも楽しい時間を過ごせた。





こんな美人と、今日だけ話して終わりって、何か勿体無くて、
せっかく知り合ったんだから、なんとか繋ぎとめておきたい・・・









断られても、玉砕しても言った勇気は後悔しないだろう。






何も言えず、あの時~~><って後悔するほうが
よっぽど嫌だ。










よし!!怯えるんじゃなくて毅然とした態度で
言わないとね。




しっかし、ドキドキする・・・・















「ねぇ、なおちゃん・・・・よかったら、アドレス
交換しない?」












「うん、いいよぉ~」







よっしゃーーーー!!!

マジか!!頷きながら、うんって答えてくれた、なおちゃんは

携帯をポケットから出して、赤外線送信してくれた。






俺の携帯に、新しいフレンドが加わった。














その後も、おしゃべりなどしたり、本田君のラップが
始まって2人でホールに見に行ったり・・・








その夜は、クラブの醍醐味ってのを、体験した。



結局、切りのいいところまでで、帰ろうとしたつもりが
朝方までいちゃって・・・

本田君にはそろそろ帰るって告げて、なおちゃん達も
もうすぐ帰るって話になっていた、



なおちゃんには、ありがとう楽しかったよ、メールするね!
そう言ってバイバイした


ずっと1人だったらとっくに帰ってただろうけどさ。(7笑)











寮に帰ってきて、現実に戻された。

でも、携帯を開くと、しっかりなおちゃんのアドレスが
入っていて、夢じゃなかったって思わせる。








帰りのコンビニで買った酒を開けて一口飲む。










正直、なおちゃんと上手くいったら・・・・
もぉ不倫なんてごめんだよ。






気持ちは傾きかけていた。


なおちゃんに、彼氏が居るかどうか、聞いてなかったな
どうなんだろう・・・







俺だって、普通にデートとか、したいよ










この子との出会いは、大事にしていきたい。











そう思っている自分がいた。













今日は、なおちゃんにメールもしないで、
そのまま眠りについた。即メールもなんかアレかなぁって思って。














えみに対して、全力でぶつかっていた俺、
上手く行かない時や、辛くて、挫けそうでも頑張って貫いたけど。











それでも、精神的に疲れちゃって、
だんだん普通の恋がしたいって思い始めた。












けど、えみの俺に対する愛情はものすごい深いって

























このあと、思い知らされるんだ。







↓↓続きが気になった方は応援ポチしてくださぃ!!



FC2ブログランキング



スポンサーサイト

テーマ:婚外恋愛 - ジャンル:恋愛

未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<62話 「ごめんね」 | ホーム | 60話 「美貌」>>

コメント

うーん、出会ってしまったんですね(>ω<。`)ノ彡☆
えみさんのことを考えると素直に喜べない…(汗)
だって、よぉくんに新しく好きな人ができた私とかぶっちゃうから。
でも、障害の少ない恋を選ぶのは、人として当然なんですよね。
でもでも、コータさんたちがどぉなったかはお楽しみですねw
2007-02-22 Thu 22:51 | URL | りぷ [ 編集 ]
えぇぇ
妬きもちやきまくりな私の彼氏は
男友達とのメアド・携番交換は絶対嫌!!
っていいます(´д`;)
(私の彼とも結構障害ある恋愛なので・・
彼も少ないほうへ行っちゃわないか心配なんですよね…
でも疲れない恋愛ってないですよね…
妬きもちを妬くのも好きだからですし・・

コータさんなおサンの誘惑に負けないでがんばってください!;w;
2007-02-23 Fri 02:51 | URL | 皐月 [ 編集 ]
はじめてコメントさせて頂きます^^

私も既婚で独身の彼と付き合っています。
私の彼もコータさんと同じで
私との付き合いに精神的に疲れてきてしまって
普通の恋がしたくなってきたみたいです。
別れ話も出ましたが何となく別れられずに
未だ付き合っています。
彼の幸せを思えば引き止める事も出来ないので
今は彼に彼女が出来て「普通の幸せ」ってやつを
手に入れたらお別れしようと思っています。
以前の私は彼を独占したくて仕方がなかったけど
今、冷静に思うと自分の我侭だったような気もします。
いずれにせよ、コータさんが後悔しないような選択をして欲しいなぁって思います。

2007-02-23 Fri 14:27 | URL | マフユ [ 編集 ]
そっかあ~・・・なんだか複雑なんですね。
たしかに不倫っていろいろ大変そうだし
精神的にも疲れそうだし。
コータさんだってツライ状況ですよね・・・i-182
続きが気になりますね!
2007-02-23 Fri 17:01 | URL | なち [ 編集 ]
<<マフユさんへ
そうですか・・・同じ心境でお付き合いされてるんですね
正直、好きな人には大きな声で好きって
言いたいですよ><
でも、理不尽なしがらみが付きまとう・・・
旦那の存在もいつも気にしなくちゃいけない
その人を愛する事に疲れたんじゃなくて
まわりの気遣いに疲れますね。
普通の恋だったらって何度も思いますよ
マフユさんも頑張ってください^^
女性だと自分から旦那に言って別れるって
選択肢ないんですかねぇ・・・

<<皐月さんへ
普通はいやでしょうね。
でも、俺の場合えみと対等に居たいって
気持ちもありました。
なので、旦那いるんだから、俺もなおちゃんと
仲良くなってもいいじゃないかって気持ちです

でも、そんな意地の張り合いみたいな事
してはいけないんですよね・・・
不利だと思うと、やっぱり考えちゃいます
応援してくれてありがとです!

<<なちちゃんと、りぷちゃんは
遊び行きますのでその時また♪
2007-02-23 Fri 18:27 | URL | コータ [ 編集 ]
そんな全然おじさんぢゃないですよ~~!!
それにおじさんでもお兄さんでもなちはコータさん大好きですよ♪(^-^)

うーん素敵な女性かあ~なれたらいいなあ(><;)
そんな大人になって、コータさんみたいな優しくて素敵な人と幸せになるのが理想です★

っていうかコータさんって「管理者だけに表示」好きですよね!(笑)


2007-02-23 Fri 22:03 | URL | なち [ 編集 ]
レスありがとうございます^^
私はもうすぐ離婚します。けれど彼と結婚する事はないでしょう。お互い好きなんですけどね。
ただ、結婚するには私の子供の事や、彼だけじゃなく彼の家の問題にもなるので・・・。
彼とは10歳以上の歳の差があるし、色んなしがらみがあって一緒になることは難しいかなって思います。
そしてそれでいいんだって思ってます。彼には日の当る恋愛をして欲しいから。彼が私を必要とする限り側にいるけど、彼が前に進んだら私はそっと手を離すでしょうね。彼には色んな思い出をたくさんもらったし、私には大切な子供が居るし!ww淋しいけどそれが一番いいって思ってます。
それと、女の人が一人で自立するのは金銭的にも難しいと思いますよ。子供が居れば尚更ですしね。フルタイムで働けない、能力がない分女性の方がリスクは高いので簡単に「離婚」には踏み切れないと思います。
私も離婚の準備段階中ですが離婚って結婚の3倍以上大変なんですよ~~><。(苦)
コータさんも流される事なく「好きだ」って気持ちを信じて頑張って下さいね。
また遊びに来ます♪
2007-02-23 Fri 22:08 | URL | マフユ [ 編集 ]
<<マフユさんへ
離婚なんですか・・・・そうですか><
精神的に辛いかもですけど、頑張ってください!!
やっぱり女性から離婚を切り出すって難しいですよね
俺も苦い思い何度もしました。
3倍ってよく言いますよね・・・
なんだか悲しいなぁ><

誰のために離婚するって言われると、相手のため?
自分のため?旦那のため?
あぁ・・・その人にしかわからない
複雑な想いですね;;

また遊びきてください♪
楽しい事大好きなコータより^^
2007-02-23 Fri 22:56 | URL | コータ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。