運命の欠片

出会った時にはすでに遅かったのかもしれない。それでも運命の人と恋してしまうお話です この恋の結末はどうなっていくんだろうか・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

62話 「ごめんね」

翌日、俺は仕事の前にメールを打ってみた。



もちろんあて先は、なおちゃんであり、


昨日のお礼もかねて、メールしてみることにした。







「昨日は楽しかったです。とても素敵な時間を過ごせました。

今日はお仕事ですか?頑張ってくださいね^-^」











普段俺は職場に、携帯を持っていくことはしなかった。

そんなにチェックできるわけでもないし、実際あまりメール
来ないから、ただのお荷物なだけで・・・








えみとメールをやるようになってからは、必要かなぁ
って思っていたけど、結局は職場で会うし
いらないだろうって事に。








ポケットに入れるのは邪魔だし、携帯を持っていくと
それを入れる鞄も必要になるわけで、






何か帰り買うときも、千円札だけポケットに入れるとかで、

とにかく俺は、手ぶらが好きだった。











なおちゃんとも、今初めてメールしたばかりだし、

あんまり、マメな子じゃなかったら
そんな頻繁に返事もすることない

とりあえず今日は、携帯を置いていった。











「返事来るといいなぁ~」







ほんのり、口元が緩んで俺は仕事へと向った。


このファーストアタックは非常に気になって、あの時
勢いだけで交換して、実はめんどう・・・とか

色々考えちゃうんだよね~。










その日は、昼から出勤で、カラオケ担当もしてたから
帰ってきたのは、夜の23時をまわっていた。











「ん~メールが来ているかドッキドキだぜ~」(アフォ)










すると・・・・












メール2件














あ!!なおちゃんからメールだ!!






「あたしの方こそ、楽しかったですよ!とっても充実してましたっ
本田さんにもお礼言っておいてくださいね(^-^)

今日は、お仕事何時ぐらいまでですか?」










う・・・俺がメールしてから30分以内に返事がきてる・・・

しまったぁ↓↓携帯持っていくんだった。


そうすりゃもぉ何回かやり取りできたのになぁ・・・
失敗。


今日はもぉ遅いから、とりあえずまた明日メールしよう












あと、もう1件は・・・・













えみからだ。














「クラブのイベントどうだったの?」













ん・・・・どうしよう・・・。





俺は、えみに初めて明らかな嘘をついた。




「本田君かっこ良かったよ!俺はカウンターで
1人で飲んでただけだよぉ」








まさか、いい出会いしました!なんてとても言えない。

嘘ついちゃうけど、返事はごまかさなきゃ。





本田君にも、えみには内緒にしておいてくれって
すでに言っておいた。










えみには、その日のうちにメールを返した。














その日から、俺となおちゃんは、毎日のようにメールをした。



おはようメール、ただいまメール、おやすみなさいメール

今日こんなお客がいた!とか報告メール


なおちゃんも、出来る限り早く返してくれてさ、

俺はホント信じられなかった、あんなかわいい子が
偶然に出会って、俺と毎日メールしてくれてる。











俺は、なおちゃんのメールをタイムリーに
受けたくて、携帯を職場によく持っていくようになった。












バイブにセットして、メールがあれば、チャンスがあれば
人目のつかないとこに行き、

なるべく早く返信していた。







その甲斐もあって、結構仲良くなってきた。




良かったら、ドライブでも行かない?とか
デートの約束も出来るんじゃないかの?

それぐらい仲良くなっていった。












なおちゃんと、これからどうなるかわからないけど、

普通に、2人で計画立てて遊び行ったり、人前で
コソコソしないで手繋いで歩いたり。


そんな普通の愛し方が、俺はものすごいしたいんだって
思うようになっていった。








なおちゃんと、知り合ってから半月ぐらいが経った。









俺はその半月、はっきり言って浮かれていただろう。

えみにもバレないようにって、していたつもりだったけど、









仕事が終わって、もぉ帰る頃。










俺は、今仕事終わって帰るよぉ~。そんな内容の
メールをなおちゃんにしていた。




その時!!背後から俺の携帯をスッと奪って
えみが走り出した。





「うわっ!!ちょっと待てよ!」








「コータ!一体、誰にメールしてるの?」










俺はすぐに追いついて、力ずくで携帯を取り返す。








「な、何やってんだよ・・・・ハァハァ」








「コータ最近、会社に携帯持ってきてるじゃん
誰とメールしてるの・・・?コソコソしちゃってさ
コータ見てるとわかるよ・・・ねぇ誰なの?」











「だ、誰だっていいだろ・・・俺が誰とメールしようが、
関係ないだろ・・・」


















俺は、えみに冷たく酷かったのかもしれない。

どうにも出来なくて、えみとの関係に変化がなくて・・・
俺は、やんわりと逃げ出してしまった。





愛情が足りなくなったり、心境が変化すればすぐに気付く、

好きな人の事はものすごく敏感なんだ。










俺はもぉ・・・


あんな事件は、忘れてしまいたい。そして
二度と起こしたくない・・・











あんなに好みが一緒で、考えも同じ。
一致する事もいっぱいあった・・・


えみを運命の人って考えた、それでも・・・

出会うタイミングが遅かったら、結ばれないんだよ・・・


信じ続けたいけど・・・悩む事が多くなってきて、


やっぱり・・・うぅ・・・すぐには諦められないけど、



気持ち切り替えるなんてすぐに出来るもんじゃないけど・・・



俺は黙って、心の中で、そうボヤいていた。
















えみは・・・





目にいっぱいの涙を溜め込み、唇を噛み締めて・・・
唇を小刻みに震わせていた。

俺と目を逸らさないで、泣くモンか!!って顔をみせてる



何か言いたそうだった・・・・












耐え切れなくなったのか、えみは無言で振り返ると
行ってしまった。



















俺はその場に立ち尽くして、一粒の涙をこぼした。






ご、ごめん・・・・えみ・・・うぅ・・・

俺は誰も居ないその場で、そう呟いた。















それから、えみは自分の車で来ていたから、
会わなかった。挨拶もなしに帰ってしまったみたいだ。











関係ないだろ・・・は、酷かったかなぁ... 
それだけは、謝らないと。







俺と安田さんは送迎車で寮まで帰る
で、ちょっとコンビニに寄ってもらい
遅い夕食を買う。







その時一緒にいた安田さんは、お決まりのビールを購入。
安田さんと、立ち読みしたり喋っていて20分ぐらいは
コンビニにいただろう。













そして、車を寮にとめて、安田さんに軽く挨拶して
部屋へと向った。









ドアを開けて












弁当をテーブルに置いて、Yシャツのボタンを外して

明かりを点けようとした時!

























コンコンコン!







玄関のドアを叩く音がした。















安田さん?



俺、何か忘れ物したかな・・・・?






















はぁ~い。















俺は玄関に向った。






↓↓↓続きが気になる方は押してください。



FC2ブログランキング



スポンサーサイト

テーマ:婚外恋愛 - ジャンル:恋愛

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<63話 「暗い部屋」 | ホーム | 61話 「傾いて」>>

コメント

運命とか~感じでもって何回もあるもにょなのかにゃ~http://blog77.fc2.com/image/icon/e/259.gif" alt="" width="14" height="15">http://blog77.fc2.com/image/icon/e/259.gif" alt="" width="14" height="15">http://blog77.fc2.com/image/icon/e/259.gif" alt="" width="14" height="15">http://blog77.fc2.com/image/icon/e/259.gif" alt="" width="14" height="15">http://blog77.fc2.com/image/icon/e/259.gif" alt="" width="14" height="15">

ちょっとせつにゃい展開~http://blog77.fc2.com/image/icon/e/350.gif" alt="" width="14" height="15">
2007-02-25 Sun 02:37 | URL | にゃん [ 編集 ]
(●^-^●)こんばんわ、
足跡たどってきました^^♪
今日は学校休みなんで
のんびりブログ訪問してました。

2007-02-25 Sun 21:40 | URL | (●人●)未樹っち♀ [ 編集 ]
こんばんは m(_ _)m 。。
お久しぶりです。。

お話、随分進んだんですね。。
びっくりです。。
またゆっくり読みに来ます。。

最後に。。
新作アップしましたよ。。
遊びに来てくださいネ!!。。

ランキングポチ!!。。
2007-02-25 Sun 23:45 | URL | ドダドゥド [ 編集 ]
恋愛って難しいですね。。。出合ったった時は皆、舞い上がり恋愛も不倫も対して変わらない気がするのかも知れないけど実際経験して見ないと判らない事の方が多いんじゃないかな~?信じあっていても不安になる事もあるだろうし。。。判っていたはずの事が急に、むなしくどうしようもなくなったり、それが人間なんだと思うよ、
完璧な人間なんて居ない!だから人は寄り添って生きて行くんじゃないかな~?
コータさんにとって、このブログを書く意味が何なのかは判りませんが私は、作られたストーリーでは無く、ありのままの結末を見たいです!それがもし、ハッピーエンドでなかったとしても。。。。
2007-03-01 Thu 03:23 | URL | yuyu [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。