運命の欠片

出会った時にはすでに遅かったのかもしれない。それでも運命の人と恋してしまうお話です この恋の結末はどうなっていくんだろうか・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

63話 「暗い部屋」








「はぁ~い、今開けますよぉ」







ガチャ











「え・・・・・」








そこに立っていたのは、何も言わず帰ってしまった
えみだった・・・







「入っていい?」












「あ、うんいいよ。」















俺は、えみを入れてあげてドアを閉めた。

部屋はまだ真っ暗なままで、お互い沈黙が続く。




「こんなとこで、立ってるのもアレだから
中入ろう・・・・」












1ルームの部屋の寮だから、玄関から部屋まですぐなんだけど、

部屋に入った瞬間!!













俺は、えみに倒されて、(タックルみたいな感じ)

布団の上に倒れこんでしまった。












えみは俺をギュゥーって抱きしめて







倒れてたままの俺の胸に顔を埋めて・・・・














「うぅ・・・・・うぅ・・・うわぁぁぁぁぁんっ」













「わあぁぁぁぁぁっ・・・うぅっ・・・」













小さな子供が泣き叫ぶように、
泣き崩れてしまったんだ・・・。










「ど、どうしたんだよっ!えみ?」














「うわぁぁぁーーーーーーん・・・うっうっうぅ~~~~~」







えみは、ホントに全身で泣いているかのようで、




俺はえみの頭の後ろを手で押さえてあげた。

ずっと、黙っているしか出来なくて、








何も言えなかった・・・・





えみの悲痛な叫びが俺の胸を突き刺した。







俺以上に、えみは悩んで、こんなにも考えてくれてるんだ・・・


ごめんね・・・・ごめんね、えみ・・・












俺の目からも、自然に涙が溢れてきて、

強くえみを、抱きしめていた。












「わぁぁぁぁ~っ。。ひっくっうっうぅっ・・・」






俺は間違っていたのかな・・・旦那がいるから

そこまで本気に考えてくれてないだろう、

簡単に自分で決め付けていた。




今日、俺の前で、泣くの我慢して走っていっちゃってから
コータの家に行こうって決意して・・・・


部屋に入って、我慢できずに大泣きしちゃった・・・

何か言いに来たんだろうケド、耐え切れずに
感情が表に出てしまった。









えみ・・・・なんでお前は、こんな俺に一生懸命なんだよ・・・








結婚は、家同士の繋がりで、まだ新婚の時期・・・
そんな時に、あたしには好きな人が出来たので、

離婚します・・・。




こんな話、通るわけがないよ。

俺だって同じ立場だったら無理。


一番悩んでるのはえみなのかも・・・









俺の胸に顔を埋めているえみは、背中に手をまわしたまま、

ずっと離さないままで。



Tシャツが涙だか、鼻水だか、ヨダレだかで、
ビショビショになってる・・・・







「えみ・・・・・大丈夫か?」











えみは、何も答えようとしない、答えられないのか。


鼻をすする音と、大泣きしたもんだから
ヒックヒックってずっと、繰り返していた。









えみの、大泣きは30分以上続いた。









大泣きして、体力を失ったのか、次第に疲れた子猫の様に
なってる。










時間だけは、無情に過ぎていく。








時計は、もぉ23時をまわっている・・・















だが、真っ暗な部屋のまま、2人はずっと
抱きしめ合ったままで・・・













部屋には、えみの泣く声だけが、



















響いていた。




↓↓↓続きが気になった方は応援よろしくです><



FC2ブログランキング



スポンサーサイト

テーマ:秘密の恋愛 - ジャンル:恋愛

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<64話 「気持ちの奥」 | ホーム | 62話 「ごめんね」>>

コメント

ぉ久しぶりです☆ミ
読みながら泣きそぅでした;;好きな気持ちってそんな簡単に変ぇれませんょね↓↓
続きがスッゴク気になります。。。
2007-02-26 Mon 22:11 | URL | 杏 [ 編集 ]
えみさんとコータさんの抱える想いが大きすぎて
一緒に泣きそうです。
お互いの想いがもっと軽かったら
こんなにも辛くなることなんてなかった‥はず
2人の想いは本物ですね。。
お互い言葉には出来ない
抑えている感情がたくさん‥ありすぎて
苦しいですね。。。
2007-02-28 Wed 02:04 | URL | *mini* [ 編集 ]
カレンの歌声は、時代を超えた今 耳にしても
透明感があって、さわやかでいて切なくも感じられる。
調度、曲が流れて終了するとともに この記事を読み終えました。
この恋愛の難しさを改めて感じたとともに胸が締め付けられました・・・・
そして、カーペンターズのCDを引っぱり出してきたのは・・・言うまでもないですね^^
2007-02-28 Wed 08:25 | URL | ベル [ 編集 ]
<<ベルさんへ
カーペンターズいいですよね~
俺もマッタリしたい時聞きますよ。
読み終わると同時に曲が終わるなんていいペース(笑)

<<miniさんへ
そうですねぇ一緒になりたい気持ちが大きすぎて
しかも、不倫ですから想像以上に付属してる物に
悩みました。お互い気楽でただデート出来ればって
思えれば楽だったかもしれないです。
この時、ホントにえみが部屋に来るとは
思っていなくて驚いたんです><
miniさんも更新頑張ってくださいね♪

<<杏さんへ
この時期の数ヶ月は相当悩んでましたねぇ
気持ちは簡単には切り替えできません。
でも、不利なのは自分だけじゃないかって
思い込んでもいました・・・
重すぎて、何かあるたびに旦那ってキーポイントが
頭をめぐってましたね。


2007-02-28 Wed 16:37 | URL | コータ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。