運命の欠片

出会った時にはすでに遅かったのかもしれない。それでも運命の人と恋してしまうお話です この恋の結末はどうなっていくんだろうか・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

73話 「弱すぎる俺」

とんでもない事を、主任が言いやがった・・・


えみが帰ろうとしていた時に、旦那が迎えに来るって事で、

そのままちょっと顔だしてもらい、残った料理も
持っていってもらいなって・・・・    






余計な事を・・・









えみは・・・


「え・・・?え・・・?」





ホントどうしようって感じで答えられないでいた。









さすがに、俺とえみと旦那が、揃ってしまうのは

えみも、やばいだろうって感じたらしく。







「うちの人、恥ずかしがり屋だし、ご飯たべちゃって
料理も持って帰らないとと思いますけど・・・」







俺はこの1つ1つのやり取りに、心臓は破裂しそうになり
来るのか!どうなのか!!

とってもじゃないけど、平常心でいられなかった。

周りなんて見えやしない・・・

ただ・・・あの時のニアミス事件がよみがえり・・・










体も異変をおこしていた。






体がカァーっと熱くなったり、血の気が引いたり
を繰り返している

脈拍も異様に速い・・・・




とんでもないストレスと緊張が俺を襲っているって
体が証明していたんだ。







毅然とした態度取ってればいいじゃないか!?

一瞬そうも思ったけど・・・・











やはり、俺は弱い人間・・・とても無理だ。








主任は、


「とりあえず、車が着いたら聞いて来なよ。
顔見せだけでもいいからさ」










「は、はい・・・」




えみも、状況を把握していて、さすがに小さな返事をして
俺の方を見ていた。






「コータ・・・・顔色悪いけど・・・大丈夫?」












「わかんないけど・・・なんか体がおかしい・・・
もし、旦那が来たら・・・・やばいよ・・・

すごい緊張してるのかもしれない・・・」













「あの人は、外あたりいい人だから、主任が・・・って言ったら
顔だけだすかもしれない・・・。


みんなは、あたしが寮に居た時、挨拶したり顔みたり
したけど、主任は寮じゃないし、見たことないから・・・」














旦那からみたら、俺達は、あの時一緒に買い物してただけって
思うかもしれない。













でも、実際の、俺とえみとの仲はまったく違っていて
キスしたり、体の関係もまだ1回だけど・・・ある。






あ、この前はどうも嫁さんお借りしてすいません。
なんて軽く挨拶できたらどんなに楽か・・・





とてもじゃないけど、秘めてる物が多すぎて
軽い挨拶なんて



出来っこない!!!








けど・・・体がおかしいよ
何も体を動かしてないのに、肩で息をしてるようで

ハァハァ声ださないと、呼吸できないぐらい・・・
ものすごく息苦しい。








「す、すみません、ちょっとトイレ行ってきます。」












「コータさん大丈夫??なんか苦しそうだけど・・・」










「あ、うん平気・・・急にお酒飲んじゃって気持ち悪くなったのかな」














心配そうな眼差しを受けるも・・・そんなこと気にしてられなくて、

俺はトイレに駆け込んだ。













立ってられないぐらい苦しくて、俺はトイレの便座に
座り込んで、しばらく様子をみた。











なんだってんだ・・・こんな事初めてだし・・・
こんな息苦しくて震えるなんてマジでおかしいよ。




ハァハァ・・・・








何分か過ぎた時だった。













「車着いたから、行ってくる。主任も余計な事言うよね。」














どうやら、旦那が来たみたいだ。

店の中に入るのか・・・どうなのか・・・?











俺は、ちょっとトイレに篭っていよう。











しばらくして、体の異変は大分落ち着いてきた。


俺はすぐさま、えみにメールする


「ダンナが店来るなら、1切りして。見つからないようにね、
帰るときもまた1切り頼む。」













俺はなんて、惨めなんだろう・・・こんな事のために
人を好きになったんだろうか。


悔しくて泣きそうだった。



人前で、祝福されない恋・・・情けないな。







ピロロ!!







うぅ・・1切りだ・・・







店入ってくるのかよ。












俺はそのまま、トイレで1人篭り時間が経つのを待った。








トイレの個室ってのは、密室で色々考え込んでしまう。




今何しゃべってるんだろう?






俺が居なくてみんなが、不自然がるだろうか?








もうどうでもいい・・・とりあえずもう1回携帯が鳴れば
あの夫婦は帰った事になるな。




「ふ、夫婦?・・・・そうだよ。あいつら夫婦なんだよな・・・」







思わず心の中で言っていた事を俺は、再確認するように
ポツリと呟いてしまった。


夫婦なんだって事。

いままで認めないような感じで避けてたけど、





これが現実なんだな・・・(苦笑)








トイレに篭る事しか出来なかった俺・・・・。


密室では、押さえる事が出来なくて、涙が頬を伝った。











ものすごく長く感じたけど、それから10分ぐらいだろうか、






ピロロっ













な、鳴った・・・・



帰ったのか?とりあえず嵐は去ったんだな?


えみが間違えるはずないし、おそらく帰ったんだろう。











その後すぐに、メールが来た

「帰ったよ。ごめんね・・・ほんとごめんなさい。」












お前のせいじゃないよ・・・






えみは、旦那の前でも女友達とメールしてるって
誤魔化して、簡単なメールなら打ってくる。











謝ってるのが、余計辛いんだって(涙)












俺はトイレのドアをゆっくり開けて、トボトボ歩きながら
席に向う。









俺が居ない間、ここではお披露目があって
盛り上がったりしてたんだろう・・・。











主任が、



「おぃ、コータァどうしたんだよぉ?待ってたけど
帰っちゃったぞぉ」








当たり前だよバカ!(心の中の叫び)



「いやぁ気持ち悪くて・・・・もどしちゃって・・・
どうも、気分がすぐれないので、俺はこの辺で・・・」








「おぃ・・・大丈夫なのか??気分悪いなら仕方ないけど
帰れるのか?」









「あ、はい。運転は大丈夫です」










「佐々木君悪いね、途中で退散しちゃって。」










「あぁいいっすよぉ、気にしないでください」







そして、主任に聞こえないように、


「また今度、うちらでね」







佐々木君はニッコリとして頷いてくれた。












「じゃぁすいません俺はこの辺で」









みんなに挨拶を済ませ、俺は店を後にした。










ご対面だけは、避けられた・・・


それにしても、逃げたり隠れたりよぉ、俺は何やってんだかね。








深いため息をつく。













車に乗り込んで、早々と寮に戻る。










寮に戻って横になっても、
なんか、ムシャクシャするような落ち着かないような。

とにかく、俺の心は弱りきっていた。



















そういえば!!







あの時の息苦しい感じや、震えがなんだったのか
気になる。



インターネットで検索してみた。

















自分の症状を照らし合わせて検索してみると、























俺は自分の目を疑った・・・・












心理的なものが原因となっている身体疾患?
不安や、心理的負担が原因・・・・。

















過喚気症候群・・・・・


















検索した文章の疾患や心療内科、はたまた患者という
言葉に、受け入れられない自分がいた。


















俺が・・・患者なのか?







続きが気になる方は応援ポチしてくださいな^^
いつまで上位キープ出来るかわからないけど
頑張りますよぉ



FC2ブログランキング




スポンサーサイト

テーマ:婚外恋愛 - ジャンル:恋愛

未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<74話 「頼ってみよう」 | ホーム | 72話 「体の異変」>>

コメント

見ていてハラハラしてしまいました( >д<)

過喚気症候群って過呼吸ですよね・・・
私も以前、急に苦しくなってネットで調べたら過呼吸症候群だとわかりショックを受けました。
『身体疾患』とか『心療内科』とか書かれているのを見ると「自分は病気なの!?」って深く考えてしまって悲しくなってきて・・・
これってペーパーバック法とか精神安定剤の投与などの方法で一時的には抑えられるけど、ココロの病気だから完全な治療が無いですよね。私は最近は安定していて症状も無いですが、いつ発症するかわからない不安が常に付きまといます。

だからコータさんの苦しさが痛いほどわかります(´д`)
負けないで頑張って下さいっ
2007-03-17 Sat 23:11 | URL | ムム [ 編集 ]
すごく ハラハラしましたよ
大丈夫ですか 
少し 落ち着けてよかったですが・・・
2007-03-17 Sat 23:27 | URL | aya [ 編集 ]
『過喚気症候群』を調べてみたら『過呼吸』なんですね。
私も多分、経験あります。
病院は行ってないので本当のところは分かりませんが。
酸素が足りないって思っちゃって、空気を吸おうとするんですが、全然吸い込めなくて・・・
眩暈がして立っていられなくなって・・・
コータさんもこんな感じでしたか??
実は体の中の酸素が多過ぎだって・・・
こんなの知らなきゃ対処のしようがない><
精神的ストレスや不安から来るものらしいので・・・
原因はえみさんの事以外にないですよね。
早く平穏を取り戻して欲しいです(´;ω;`)
いい方向に動き出せますように・・・☆彡
2007-03-18 Sun 11:02 | URL | みやこ [ 編集 ]
過喚気症候群です^^;
パニック症候群でもあるんですが・・・
これは本当に色々なストレスから起こるし、本当に死んでしまいそうに苦しいから怖いですよね。
過呼吸の場合は紙袋かビニール袋をあてて(○ンナー遊びのように(苦))ゆっくり深呼吸すると治りますよ。
不安に思えば思うほど悪化するので・・・
私も今離婚に向けてバタバタしてて、ストレスのせいか、時々発作が出ます。
でも死ぬまでには至ってないので(笑)頑張っていますよ。
あまり思いつめずに「大丈夫、大丈夫」って思ってくださいね。
お互い、前向きに行きましょう!ww
2007-03-18 Sun 15:14 | URL | マフユ [ 編集 ]
過喚気症候群は血液中の二酸化炭素が足りなくてなるとか聞いたことありますねぇ・・
私も病院には行ってないからどうかわかりませんが
最近もよくなります…
一番は「自分は病気なんだ(患者なんだ)」と思ったりは避け不安要素を増やさないことですね(;>д<)
といまだに直らない私がアドバイスしても説得力が…orz
でも人間誰しも経験するような事だと思うので本当気に病まないほうがいいですよ(´・ω・`)
コータサン頑張ってください(´-ω人)
2007-03-18 Sun 15:15 | URL | 皐月 [ 編集 ]
なんかこっちまでハラハラしてしまいました;;
しかもなんか難しい病名まで出てきて・・・
「え?えぇ!?」って感じになってました;(>_<)

とりあえず対面は避けられてよかったですねえ・・・
これからも大変そうだあ・・・

2007-03-18 Sun 18:10 | URL | なち [ 編集 ]
病名~は~きにしちゃダメ~(> <;)☆☆

じぶんの症状に~名前があると~それだけで~参っちゃう~~~~(>o<;)

あ~~~ん

続きが~~きになる~~~(×Д×;)

ぽちっとしてきましゅ~~\(^0^)
2007-03-19 Mon 14:02 | URL | にゃん [ 編集 ]
みなさま、励ましのコメントありがとうございます
とても嬉しいです^^
みなさんも大変ストレスを抱えてて、今回の病気に、
なったりしてるんですね(涙)

現代を生き抜くにはストレスは切っても切り離せない物で、体は辛いんだなぁって思います。

やはり向き合う事が大事で、原因が解決しないと
ダメみたいですね。
俺にとって、コメントは癒しの源です^^
ほんとにいつもありがとうございます♪
2007-03-19 Mon 16:35 | URL | コータ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。