運命の欠片

出会った時にはすでに遅かったのかもしれない。それでも運命の人と恋してしまうお話です この恋の結末はどうなっていくんだろうか・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

8話 「出会いとはじまり」

翌日、俺は中番(お昼から出勤)なので、午前中ギリギリまで
眠っていた。

昨日の出来事から一晩、特に考えふける訳でもなかった
衝撃があったのは事実で、複雑な気分だった。
けど、俺の心はすでに、友達として振舞えたのかもしれない・・・
簡単とは失礼だけど、、そうやって即答して断ったのも
割り切れてた証拠である。



「そうだ、お土産もっていかないとなぁ」
会社にはとりあえずお菓子を買っていたので、それを持って
俺は寮を出た。

「おはようございますー」
眠そうな声で挨拶しながら職場についた
ふと見ると、見知らぬ人が制服を着て立っていた。

「あ、おはようございます。こちら今日から一緒に働く
高田えみさんね 仲良くしてあげてね」

みつちゃんの紹介で俺たちは初めて顔をあわせたのである。

「よろしくお願いします」

「あぁ・・ど、どうも、こちらこそ」
情けない返事で、俺たちは初めて声を掛け合った。

人見知りな俺はすぐさまお土産の話にもっていき、
照れをしのいだ

「これ昨日行ってきたからお土産ね」

「わ~~ディズニーランドいったんですか~~いいなぁ
ありがとうございます♪」

みつちゃんはディズニーランドがすごい好きらしくお土産に飛びついた
一方えみちゃんは、初めての出勤で緊張しているらしく
終始戸惑ってるだけだった。

仕事が一段落して、俺たちはお土産をお茶菓子に
休憩をすることになった。

「あぁ俺もここへきて、まだ三ヶ月ぐらいだよ
まだまだ新人さ~よろしくね」

「え?そうなんですか。はぃよろしくお願いします」

「私もディズニーランドすごい好きなんですよプーさんとか大好き♪」

「へぇ~女の子はみんな好きだよね。でも、俺も好きだよ
ディガーの歌とか歌えるよ♪俺様はティガー世界一のトラ~♪」

「え!すごいですね~!!歌える人ってそういませんよ(笑)」

たしかにいないかもしれない、だが俺の元彼女もプーさんが
好きで、しかも付き合い始めは月1ペースで行ってたのである
覚えてしまったというのが正解かな。

そこへみつちゃんが休憩室に戻ってきた。
「ところで、コータ(俺の名前)さん、誰といったの?」

ギクゥ・・・・。

「い、いいじゃない誰と行ったって・・・」アセアセ^^;

「え~気になる誰と行ったの~?」

しつこく聞いてくるみつちゃんの攻撃をかわしながら
えみちゃんを見るとお土産のお菓子をポリポリかじりながら
ニコニコして俺を見ていた。




あの時の君の笑顔は忘れないよ・・・
だって、初めて見た君の笑顔なんだから・・・




スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<9話 「事情」 | ホーム | 7話 「相手の勇気」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。