運命の欠片

出会った時にはすでに遅かったのかもしれない。それでも運命の人と恋してしまうお話です この恋の結末はどうなっていくんだろうか・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

9話 「事情」

初めて顔をあわせてから、気になることが一つある。
・・・・そう、彼氏の存在だ。

こんな田舎に来るぐらいだから、居ないのかと思いつつも
俺はまだ、恋愛感情もないわけだし気軽に質問した

「彼氏はいるの?」







「はい!いますよぉ」



「そうなんだぁ、でも遠距離になっちゃうじゃん
どうするの?」


「実は2人で、こっちで働こうと思ってて・・・
彼氏はまだ仕事が決まってないんです。
同じ職場は嫌なんで、まだ仕事探してるんですよ。」


「へぇそうなんだぁ。早く見つかるといいね~」


そういう事情があるらしい。
とりあえず、えみちゃんはこの旅館の寮に住んで
彼は見つかるまでこの田舎と、実家のある都会を行き来するらしい
付き合って一年、彼はかなり年上らしい。



俺はまだその時、ぶっちゃけ感想は「ふ~~ん」だった。
その時はね・・・・。
スポンサーサイト

テーマ:どうなるんだろう - ジャンル:恋愛

未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<10話 「仕事」 | ホーム | 8話 「出会いとはじまり」>>

コメント

カテからここにきましたe-68
これからどうなっていくのか気になります。
私もどうなっちゃうのかな。
よかったら遊びに来てくださいねe-420
でゎまた^^
2006-10-08 Sun 22:30 | URL | クレア [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。