運命の欠片

出会った時にはすでに遅かったのかもしれない。それでも運命の人と恋してしまうお話です この恋の結末はどうなっていくんだろうか・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

93話 「気分屋」

それから・・・・どことなく俺たち2人は、
距離を置いていた。




職場での挨拶は、普通に笑って

「おはよー」





なんて言うけど、ちょっかいだしたり
それ以上のコミュニケーションはなくなっていた。






俺は、いてもたっても、いられなくなり・・・
夜ちょっと話をしたいって持ちかけた。






「今日少し話せないか?」









「んー・・・・無理だよ」









あっさり断るんだな・・・



「頼むよ。重要な話なんだよ」




えみは、あからさまに嫌な顔付をしていた。

こんなにも変わるもんなのか・・・


この対応はホントにショックで・・・
ご機嫌伺いじゃないけど、ものすごい神経を使った。




「じゃあ5分だけならいいよ。すぐ帰るからね。」






「うん・・・」











仕事が終わってから、えみといつもの場所で待ち合わせた。


俺は態度が急変したのと、いきなりそんな態度じゃ
辛いって事も伝えた。

メールも、元気もらったり励まされたりして
もらえれば嬉しいって事も伝えたんだ。



メールで、元気もらえるってのはこっちの単なる都合なんだろうか。





えみはこう言い放つ。

今は、誤解される事したくないし、

答えはちゃんと出すよ・・・
今は・・・何するにも、そういう気分じゃないって事を言われた。
そういう気分になったのは、俺の責任ではないって

ホントかどうかも分からない。フォローなのか?







気分が落ち込むと、もうなんでもいい・・・みたいな
そんな気持ちになってしまうらしい。



自分の事でいっぱいいっぱいだと、周りの事はあまり
気にしていられない・・・だから


「メールとか出来ない。気分じゃないの。ごめんなさい・・・」







そうポツリと言われたんだ。



「・・・・」




あんまり納得出来なかった。

身勝手なのはどっちだ?えみか?俺か・・・?


「ご飯作らなきゃいけないから、もう行くね。」







「あ、うん・・・」






バイバイするのが、寂しいなんて素振りはなく、
俺が降りるなり、たぶん手を振っていただろう?ぐらいの
認識しかできないほど、あっという間に
車は消えていった・・・








「ほんとに、えみなのかよ・・・」







気分ってのは、わかるけど、こうも変わってしまうのか・・・
俺はどんなに落ち込んだり、凹んだりしても

対応これだけ変えるのは相手に失礼って思っちゃうから
同じにしてるけど・・・

俺は無理してるってことなのかな?












職場で辛い事や大変な時に、自分の気分とか関係なしに

出来るだけ支えてきたけど・・・それは、好きな人には無理してでも・・・

って想いがあったからで。










今のえみの対応と、今までの楽しかった出来事、
終わってしまうんじゃないか?

そんな想いが頭の中をグルグル駆け巡って・・・







その場で・・・・

視点があわないぐらいボーーっとしてしまった。









終わりなら、えみの近くにいるだけで辛いよ。







俺の中で、ある気持ちが芽生えていた。















会社辞めてしまおうかな。




ランキングのポチ↓お願いしますー(涙);-;



FC2ブログランキング


スポンサーサイト

テーマ:秘密の恋愛 - ジャンル:恋愛

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<94話 「新しい旋風」 | ホーム | 92話 「依存と孤独」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。